20代でほうれい線ができた!?その理由とオススメの改善方法を紹介

肌の衰えを感じにくく、スキンケアも怠ってしまいがちな20代

 

ですが、油断をしてしまうと、すぐに肌は老化し、ほうれい線などもできる可能性が大!

 

ここでは、20代のうちに行うべき、スキンケア方法などについてご説明します。

 

20代の頃からしっかりケアしておくと、年を重ねた時に美肌でいられる秘訣でもありますよ。

 

20代でほうれい線が出てしまう原因は?

 

ほうれい線は、老化と共に出ると考えている方も多いかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。

 

近年では、20代の若いうちでも、ほうれい線がくっきりと出ている方が珍しくないのです。

 

20代のうちにほうれい線ができてしまう原因には、主にこれらがあげられます。

肌への負担

メイクを落とす際などにごしごしと顔をこすったり、メイクを落とさずそのまま寝てしまったりなど…

 

肌へ過度な負担をかけることで、20代のうちでもほうれい線ができることがあります

 

また、最近は10代からメイクを楽しむ女性も多く、こうした若いうちからメイクと付き合う時間が長くなればなるほど、メイクによる肌ダメージのリスクはついてまわるもの。

 

ほうれい線を作らない為にも、肌への負担を極力減らすように心がけましょう

日頃の生活習慣

睡眠不足食生活の悪化運動不足など、生活習慣があまりにも荒れている若者が多いことが、ほうれい線を作る一因となっていると言われています。

 

生活習慣の見直しでシワたるみを無くすには?

 

特に、午後10時?午前2時の間には、肌の生まれ変わりであるターンオーバーがあります。

 

この時間帯に十分な睡眠をとっていなければ、肌の老化は確実に進むでしょう

 

しかし、残業や出張の多い職場ならば、尚更、睡眠時間の確保が難しくもなりますよね。

 

そういった方は、せめてクオリティの高い睡眠摂取を心がけたいもの。

 

また、就職すると学生時代のように、運動をする機会がぐっと減ってしまいます。

 

そんな時は、朝の通勤時にはエレベーターよりも階段を使うなど、通勤の工夫をするだけでも運動不足は解消に向かいます。

 

さらに、食生活の偏りも肌の老化を引き起こします

 

若いうちから、ほうれい線対策を意識するのであれば、コラーゲンエラスチンの生成を助ける、ビタミン類や脂質の代謝を良くするビタミンB類を積極的に摂取する事が大切。

 

規則正しい食生活適度な睡眠運動など、生活を改善させるように心がけることで、ほうれい線だけではなく、肌質も改善をすることができるでしょう

ストレス

20代のうちは、特にストレスに敏感な方が多いでしょう。

 

上手く解消できないと、ストレスが原因で肌質が悪化、ほうれい線が出来てしまう可能性があります

 

ストレスで肌荒れが起きた時の対処方法

 

できるだけストレスを溜めないようにし、ストレスの解消方法を見つけておくように心がけることが大切。

 

体を動かしたり、五感を刺激するようなアロマを焚いたり、クラッシックを聞いたりとストレス解消の仕方は意外と多くあるものです。

紫外線

何と言っても、あらゆる肌の大敵は紫外線でしょう。

 

紫外線は、シミやそばかすだけでなく、真皮層にまで到達するとコラーゲンやエラスチンを破壊して弾力低下を引き起こすのです。

 

もちろん、ほうれい線も紫外線によるものを否定できません。

 

特に、20代は海や山などにおける海水浴や、キャンプ登山などの趣味や余暇を楽しむ人が多いですね。

 

SPF50以上の日焼け止めを塗り残しなくつけたり、塗り直しを頻繁にするなどして紫外線と上手に付き合いましょう。

 

また、こうした紫外線の強いスポットのみならず、散歩や洗濯物を干す時間帯においても、SPF30程度の日焼け止めやファンデーション下地などを使うとよいですね。

 

リフトアップと紫外線については、「紫外線ケアで美肌を守る!」で詳しく解説していますので、あわせてご覧下さい。

 

20代で行うべきほうれい線のケアとは?

現在、ほうれい線が出ていないという20代でも、30代、40代になると、ほうれい線が出てきてしまう可能性は着実にアップします。

 

年齢を重ねてもハリのある肌でいるためにも、20代のうちからリフトアップケアを行うことが大切と言えるでしょう。

肌は丁寧に扱う

肌を痛めつけるように、ごしごしと強くこすったりしてはいけません。

 

そのダメージは蓄積していく可能性が高いので、必ず肌は丁寧に優しく扱いましょう

 

摩擦をかけすぎることは、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーをも乱してしまいます。

 

クレンジングは肌に優しいタイプのものを、洗顔はきめ細かい泡で洗うのが理想でしょう。

ストレスを溜めすぎない

ストレスの緩和をすることは、20代にとって最も大切

 

特に20代は、就職したり、一人暮らしをしたりと一気に環境が変わる時期です。

 

慣れない生活がスタートし、知らず知らずのうちにストレスがかさむことがあるでしょう。

 

また、この時期くらいから、仕事のお付き合いと称して、「飲み会」なるものが頻繁になる事も多いのです。

 

上司や先輩などの目上の人との飲み会は、気を使うためストレスを溜めやすいですよね。

 

何かとストレスを抱えやすい20代は多いので、ストレスの解消方法を見つけ、ストレスを改善するように心がけてみて下さい

表情筋をよく動かす!

口周りの表情筋をよく動かす事で、ほうれい線が深くなる事を予防できるでしょう。

 

日本人は、外人に比べると表情が乏しくい傾向にあります。

 

特に、社会に出て数年の20代は、緊張などで表情もこわばっている方も多いはず。

 

せめて、休憩や帰宅後だけでも、笑顔や緩やかな表情を作る事でほうれい線が緩和されますよ。

 

また、意識的に表情筋エクササイズを行うのも効果的です。

 

例えば、鏡の前に立って「あ、い、う、え、お」と口を大きくあける事で、簡単にエクササイズができるでしょう。

 

シワたるみ改善!表情筋を鍛える方法は?

喫煙に注意

喫煙は、肌に活性酵素を発生させて老化現象を引き起こします

 

また、タバコのニコチンは、コラーゲンやエラスチンの生成時に関係のあるビタミンCを破壊しやすくしてしまう恐れが。

 

なるべく、タバコをやめるか、本数を減らしたりする事が大切ですよ。

 

自分の肌を見直してみて、リフトアップケアを!

20代の肌意識として一番多いのが、「まだ若いから大丈夫!」という肌への過大評価

 

そこが、スキンケアをする上で命取りになってしまうのです。

 

例えば、同じ20代にしても成人式を終えたばかりの20代と30才近い20代では、肌が今まで受けてきたあらゆるダメージの重さに違いがあるでしょう。

 

さらに、20代になりたてでも、10代くらいから不摂生な生活を送り続けていれば、口の脇にほうれい線ができてしまう事は時間の問題です。

 

年齢にとらわれる事なく、スキンケアをスタートする事が重要なのです。

 

「今はほうれい線悩みなどないけれども、30代、40代…とキープしていきたい」と思うなら、20代からのリフトアップケアはとても望ましい事でしょう。

 

ほうれい線を改善&ほうれい線を事前にケアする1番のポイントは?

 

ほうれい線を改善、予防する一番のポイントは、正しいスキンケアです。

 

日頃からスキンケアを正しく、きちんと行うことで、現在出来てしまっているほうれい線はもちろん、将来できる可能性があるほうれい線を予防することができるでしょう。

 

20代のうちに行うスキンケアは、将来の肌質を左右すると言っても過言ではありません

 

現在は美肌という方も、今のうちに努力をしておかないと、将来後悔することになるかもしれませんので要注意!

 

また、20代だからといって、20代向けの化粧品に執着する必要はないでしょう。

 

あくまでも、自分のおかれている肌年齢に見合ったスキンケアをセレクトするのが大切なのです。

 

ほうれい線をできるだけ早くケアし、改善したいという方は、まずはリフトアップ化粧品を試してみましょう。

 

まとめ

20代でほうれい線なんて自分には無関係!」なんて思ってはいないでしょうか。

 

そんな油断が、スキンケアをおろそかにし、早くからほうれい線を作りやすくしてしまう原因に。

 

ストレスや不摂生な生活は、コラーゲンやエラスチンなどの低下を早めてほうれい線を発生させてしまいます

 

早めのほうれい線ケアをすることで、数年後の肌の状態が全く違ってくるでしょう。

 

若いからといって油断せずに、リフトアップ化粧品で今すぐケアすることをオススメします。