30代で行うべきほうれい線ケアとは?リフトアップ化粧品で対策を!

20代の頃に比べると、着実に肌質に衰えを感じるという方が多い30代

 

特に、年齢が表れやすいと言われているほうれい線に関しては、何のケアも行わないと、年齢層が上がっていくにつれて、ほうれい線の濃さが際立ってくる可能性があります

 

そうならない為にも、ほうれい線はピンポイントでケアをするべきと言えるでしょう。

 

ここでは、30代のうちにやっておくべき、ほうれい線のケア方法について詳しく解説していきますね。

 

30代のうちにやるべき、ほうれい線のケア方法とは?

 

30代のうちにやるべき、ほうれい線のピンポイントケア方法は、主にこれらがあげられます。

血流を良くするマッサージ!

ほうれい線の一因となるのは、血流悪化によるコリなどがあげられます。

 

コリを適度にほぐすことで、ほうれい線になりにくい、しなやかな肌を作ることができるでしょう。

 

お風呂の中や、お風呂上がりなどの血流が高まっている時間帯に施してあげるのが理想的ですよ。

肌の負担を減少させる!

肌の乾燥や、肌を引っ張るなど、肌に負担がかかることはNG!

 

乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ

 

肌へ必要以上に負担をかけることで、肌の老化が進みやすくなり、たるみの原因に繋がります。

 

ほうれい線を防ぐためにも、肌は丁寧に、優しく扱い、できるだけ負担をかけないように心がけましょう。

筋力アップを行う!

ほうれい線の最大の要因であるのが、表情筋の衰えによるたるみ

 

表情筋は、使わなければ使わない程、加齢と共に衰える一方ですので、日頃から大きく、顔を動かすように心がけるなど、表情筋を鍛えるように心がけましょう

 

また、日本人が抑え気味な喜怒哀楽も、顔でしっかり表現する事が大切です。

 

海外の人のようにちょっぴりオーバーリアクション気味にすれば、さらに表情筋は鍛えられますよ。

 

表情筋を鍛えるとシワが消える?詳しくは、「シワたるみ改善!表情筋を鍛える方法は?」で詳しく解説しています。

 

30代が行うべきスキンケアのポイント

 

30代のうちに行うべき、スキンケアのポイントにはこれらがあげられます。

 

20代と比較すると、ガラリとケアの方向性が変わる事でしょう。

美容液やパックも利用する

スキンケアを行う際には、化粧水と乳液だけではなく、より潤いや美容成分を肌に与えることができる、美容液、パックなどを利用するように心がけましょう。

 

今までは角質層を潤す事を先行してきましたが、30代は、真皮層というより深い部位にあるコラーゲンエラスチンなどを強化するケアをスタートさせるべきなのです。

 

美容に興味があり、気をつけている人の中には、リフトアップ化粧品によるケアを20代からスタートしている事もあるのですよ。

 

20代でほうれい線ができた!?その理由とオススメの改善対策を紹介

 

20代の時と同じスキンケア方法では絶対ダメ!

 

人によっては、「ずっと気に入っている化粧品を何歳になっても使いたい!」などと考えている女性は多いでしょう。

 

しかし、こうした考えはもう1度見直して、リセットした状態でケア選びをしましょう。

 

年齢や肌質にあった、化粧品を選び、スキンケアをすることが大切です。

紫外線はしっかりガード

30代の時にもっとも注意すべきなのは、紫外線

 

紫外線ケアで美肌を守る!

 

20代のうちはケアをしなかったという方も多いと思いますが、30代になってから同じようにすると、すぐに肌が老化し、たるみなどが発生します。

 

また、20代のうちにたくさん浴びた紫外線の影響が、30代になってほうれい線となって現れる事もあるでしょう。

 

紫外線を徹底ガードする為にも、日焼け止めなどを利用し、紫外線を多く浴びた日は、いつもより入念にスキンケアを行うように心がけることが大切です。

 

また、外出する時は、サングラス、日傘などの日焼け対策をおろそかにしないようにしたいものです。

空調にも注意

夏は冷房の影響、冬は暖房の影響で肌の乾燥が生じやすくなるでしょう。

 

オフィス内では、冷房の近くに座らない」、「加湿器などで乾燥をふせぐ」などの工夫も大切です。

 

乾燥がエスカレートすれば、コラーゲンやエラスチンにまで影響を及ぼしやすくなるのです。

 

年齢を重ねても美肌で居たいという方にオススメ!

年齢を重ねても、いつまでも美しい肌でいたいと感じるのが、多くの女性の願いです。

 

肌や肌質は、今のうちからきちんとしたケアを行うことで、あなたの理想通りの肌になることも、難しくないと言えるでしょう。

 

特に、年齢を感じさせやすいほうれい線をはじめ、肌のたるみなど、今からケアをしておけば、肌は努力に必ず答えてくれます。

 

リフトアップをするためには、リフトアップに効果的な化粧品を使うことが大切ですよ。

 

30代にオススメのリフトアップ化粧品とは

 

30代にオススメなリフトアップ化粧品を、有効成分コスパなどを含めて解説いたします。

有効成分

30代からは、ハリや弾力をアップさせる効果のあるコラーゲンや、エラスチンなどが配合されたスキンケアを念頭に選びましょう

 

また、それらの生成を助けるビタミンC誘導体などが配合されていれば相乗効果により、効果はより高まります。

 

ビタミンC誘導体ってどんな成分?美肌に効果があるって本当?

コスパ

リフトアップ化粧品を使うにあたって大切な事は、長く継続させることです。

 

そのためには、はじめから高額な商品を購入して長続きしないようでは、意味がありません。

 

また、「高額なリフトアップ化粧品だからもったいない…」という意識から、使用量を厳守せずに使っても意味がないでしょう。

 

自分が継続できる、コスパのリフトアップ化粧品をぶ事が大切です。

オールインタイプにも注目!

時短もコスパも兼ねたオールインタイプのスキンケアは、何かと忙しい30代の女性にはとてもピッたりです。

 

ひとつで何役もこなす化粧品なので、朝のバタバタとした時間でもリフトアップケアが可能。

 

今まで化粧水から下地までフルラインでつけていた人は、こうしたオールインタイプにも目を向けてみましょう。

 

インナードライ肌になりやすい年齢!

最近、よく聞くインナードライという肌質をご存知でしょうか。

 

名の通り、内側が乾燥していて、外側が脂っぽい状態の非常にアンバランスな肌状態の事です。

 

内側に水分が保持しにくい状態だからそれをフォローしようと、どんどん皮脂が増えてしまう負のサイクル。

 

30代は、このインナードライ肌になっている人が多いですよ。

 

インナードライの原因が、ホルモンバランスの変化や、生活習慣の乱れなど、内側からくる要因が多いのです。

 

また、このインナードライの肌状態を知らずに、脂分ばかりが気になり、皮脂を抑えるケアばかりしてきまうのは、NGと言えるでしょう。

 

こうした間違ったスキンケアが、ハリや弾力を低下させてしまうのです。

リフトアップ化粧品なら、インナードライ対策もできる!

リフトアップ化粧品ならば、30代に多いインナードライ肌悩みも解決してくれます。

 

それと同時に、コラーゲンやエラスチンを強化するためのケアもできるため、一石二鳥ですよね。

 

子育て真最中の育児や仕事に忙しい年代

 

30代は子育て真最中の方が多く、仕事をもっている人は、家庭と仕事の両立が大変な世代でもあるのです。

 

そんな時、自分の美容にかける時間や、お金に余裕がない人も少なくありません。

 

また、肌の変わりやすい年代でもあるため、今まで敏感肌だとは思ってこなかった人も、急に肌質が変わり、化粧品が合わなくなったという人も少なくないのです。

 

敏感肌でシワたるみが悪化したら化粧品でケア

 

ですが、こうした肌質の変わり目ほど、スキンケアは忠実に行う必要があるでしょう。

 

肌が敏感になってしまったら、敏感肌でも使えるような低刺激のリフトアップ化粧品もあるため、思考を変えてみるのも良いですね。

 

まとめ

仕事に育児にと追われがちな30代。

 

働き盛りと言われて、責任ある役職につく人も少なくないでしょう。

 

そんな時に、睡眠不足や化粧品にかける時間やコストがないなど、自分の肌にかけるあらゆる事がないがしろになりやすくなるのも事実です。

 

30代はお肌の曲がり角ですから、早めのケアで、その先の年齢もピンとしたハリのある肌を目指したいものです。

 

そのためには、30代からのスキンケアからはワンランク上のものにしてあげましょう。