40代のほうれい線の原因は?シワを消すための化粧品はどれが良い?

ほうれい線が今まで目立たなかったという方でも、40 代になると、多くの方が悩まされる傾向があります。

 

ほうれい線が目立ち始める理由とは、一体どんなことなのでしょうか。

 

ここでは、その原因対策方法について詳しく解説していきます。

 

40代でもしっかりケアしてシワのない肌を目指しましょう。

 

40代のほうれい線はスキンケア不足が一番の原因?!

40代になると、ほうれい線が目立ち始める人が多いです。

 

しかし、中にはとても40代とは思えないほど、ツルツルの弾力のある肌をキープしている方もいますよね。

 

その差の1番の理由は、やはり日頃の積み重ねです。

 

若いころからケアを行っている方は、40代になっても美しい、ハリのある肌をキープすることができるでしょう。

 

しかし、特に今までケアを行ってきていないという方は、その結果が肌に顕著に表れ始めます

 

スキンケアにおいては、差が大きく出る部分。

 

ですが、これからしっかりとしたスキンケアを行うことで、肌の弾力をはじめ、しなやかさやハリツヤ、ほうれい線も目立たなくさせることができるでしょう。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

 

40代のほうれい線を効果的に消すには、スキンケアを変えて!

 

今後、ほうれい線を目立たなくさせていくためには、スキンケアの見直しが非常に大切です。

 

長年気に入って使っていたスキンケアを変えてしまうのは、なんだか心苦しいという人もいるでしょう。

 

ですが、20代や30代から使っていたスキンケアで物足りなさを感じる事はないでしょうか

 

30代で行うべきほうれい線ケアとは?リフトアップ化粧品で対策を!

 

それもそのはず!40代になると、明らかに保湿力が低下してコラーゲンやエラスチンが減少します。

 

これは、加齢によるもので、顕著に現れるのは50代前後。

 

ですが、40代のうちから少しずつその弾力低下に気づいて、ほうれい線対策をしてあげると、50代も年齢よりも若々しくいられるでしょう。

 

では、「どんなスキンケアにチェンジしたら良いの?」と思う方も多いはず。

 

スキンケアを見なす際には、このようなポイントを押さえていきましょう。

乾燥は絶対NG!常に潤いを与えましょう

乾燥は肌の天敵と言えますが、40代を超えると、若いころに比べてこの言葉の重みが変わってきます。

 

とくに、潤いを代表する成分であるヒアルロン酸コラーゲンエラスチンなどの3成分がグンと減少。

 

本来ならば、自分の力でお肌を元に戻す事ができるはずなのですが…

 

自己補修力が低下しつつある40代以降の肌は、少しでも肌が乾燥してしまったら、肌へのダメージはそのまま蓄積すると考えても大げさではありません。

 

乾燥じわがエスカレートすれば、老化じわという深いしわに変化していきます。

 

そうならない為にも、乾燥をさせないように常に潤いを重視したスキンケア方法を心がけましょう

 

冷房や暖房などがついた乾燥した部屋で過ごすことの多い人は、常に水分補給をする事ができる霧吹き状のスプレーを常備したり、デスク用の加湿器などを設置したりと、ちょっとした努力がほうれい線を対策に繋がるはずです。

 

リフトアップと乾燥に関しては、「乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ」で詳しく解説していますよ。

紫外線ケアは必須!

「若い頃のように、海やキャンプなどのバカンスはもう無縁の年代…」
「紫外線なんて、若かりし日の悩み」

 

なんて甘くみてはいけません。

 

紫外線ケアで美肌を守る!

 

紫外線は、車のフロントガラスを透過して容赦なく降り注ぎますし、洗濯物を干す時や曇り空でも肌に刺激をあたえます。

 

20代の頃は、日焼け止めをしっかりつけて夏のイベントなどを満喫したものでした。

 

ですが、残念ながら、紫外線はどの世代にも降りかかる厄介な外部刺激なのです。

 

日常の紫外線でさえも、コラーゲンやエラスチンが存在する真皮層に重大なダメージを与えてしまうため、UV対策はしっかりするべきでしょう。

 

日常の生活紫外線程度なら、SPF30程度で十分です。

 

逆に、アウトドア用の強いタイプを毎日使うと、肌に負担をかけることになるので注意しましょう

肌に負担がかかりにくいスキンケア商品をチョイス!

肌へ潤いをたっぷり与えてくれる商品でも、添加物ばかりの肌に負担がかかるスキンケア商品では意味がありません。

 

肌にできるだけ負担がかからない、無添加な商品をチョイスするように心がけましょう

 

また、無添加だけでなく、植物由来のものや、低刺激のものをセレクトしてあげれば、肌には負担がかかりません。

 

また、初めから高額なリフトアップ化粧品を使ってしまうと、もったいないからと用量を少なめしたり、継続しなかったりと、リフトケアを途中で断念してしまいます。

 

せっかくケアを始めたのに、続けられなくなると意味がありません。

 

リフトアップ化粧品を選ぶ際は、継続的に続けられるものを選ぶようにしましょう

スキンケアは毎日行う

最近は、素肌に近い状態で過ごす“肌断食”などという言葉もありますよね。

 

しかし、正しいやり方で行わないと、ほうれい線が悪化する可能性があります

 

スキンケアはできるだけ毎日、時間をかけて行うようにしましょう

 

ですが、40代と言えば、まだまだ家族優先の世代です。

 

朝の支度だけでも自分の時間は限られていて、スキンケアに要する時間はほんの少しですよね。

 

そんな時は、夜にスキンケアの時間をゆっくりもうけたり、1つで何役ものスキンケア効果が期待できるオールインワンタイプのスキンケアをセレクトして見るのも良いですね。

 

時短、コストともに、40代世代にはぴったりです。

 

その中でも、コラーゲンやエラスチンなどの潤い成分が十分に配合されている商品がオススメですよ。

 

美容医療という手段は?

 

最近流行りのプチ整形の中に、ヒアルロン酸注入という施術があります。

 

名の通り、注射によって気になるシワやたるみに、ヒアルロン酸を注入していく画期的な美容医療。

 

40代では、この注射にチャレンジする人は多く見られますね。

 

ですが、2ヶ月〜3ヶ月程度で吸収され、効果がなくなってしまうのです。

 

よって、3ヶ月おきの定期サイクルで、ヒアルロン酸注入を繰り返さなければいけません。

 

もちろん、注射ですから、施術後に内出血やハリ跡、ハレなどが出る事もあります。

 

また、保険外ですから、自費治療として費用が嵩むケースもあるでしょう。

 

実際は、「病院に通うのが面倒で辞めてしまった」という人も少なくありません。

 

もちろん、人によってヒアルロン酸注射に対する受け止め方は様々ですが、できる事なら、あらゆるリスクの少ない、リフトアップ化粧品で日々ケアをする事がオススメなのです。

 

ヒアルロン酸注入に限らず、他の美容医療も注目を集めてはいますが、どれも、高額な施術なため、一般の40代主婦で継続できる人は限られてくるでしょう。

 

40代のほうれい線をしっかりと消すための化粧品とは?

40代のほうれい線は、このように日頃のスキンケアをしっかりと行っているかどうかで、ほうれい線の今後が左右されると言っても過言ではないでしょう。

 

今、既にくっきりとできてしまっているほうれい線も、少しずつ跡が付いてきているようなほうれい線も、すっきりときれいにするためにも、スキンケア方法はもちろん、スキンケア商品も見直すことが大切です。

 

まとめ

体内から、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの3大潤い成分が減少する40代

 

肌や髪のツヤやハリも低下しやすくなる年代です。

 

それでも、家族優先の生活を送っている女性がほとんどで、自分のためにスキンケアに時間をかける事は少ないでしょう。

 

そんな、スキンケアの希薄さから、隙を狙っておそいかかるのが、口の脇にできるマリオネットラインこそ、ほうれい線です。

 

忙しい中でも、ほうれい線ケアを怠らなかった人は、その後の素肌に自信を持って過ごせるはず

 

ほうれい線を消すために効果が高いと言われている化粧品は数多くありますが、どれを使えば良いか結局わからないという方は、ランキングを参考にして下さいね。

 

数あるリフトアップ化粧品の中から、自分にぴったりのケア化粧品が必ず見つかるはずですよ。