50代のほうれい線を効果的に消す方法とは?

50代のほうれい線を効果的に消す方法とは?

 

中高年になるとくっきりと目立ち始めるほうれい線。

 

50代の場合、30〜40代の時にケアを怠ってしまうと、ほうれい線の跡は非常にはっきりと目立ってしまうケースが多いため、コンプレックスに感じている女性は少なくありません。

 

そんな50代のほうれい線を改善する為には、このようなケアを行うことをオススメします。

50代のほうれい線ケアには、エクササイズがオススメ!

50代のほうれい線が出来る最大の原因とも言えるのが、表情筋の衰えによって肌がたるむことで出来る物です。

 

反対に、表情筋を鍛えさえすれば、必ず効果が表れますので、くっきりと刻まれたほうれい線も、少しずつ改善していくことが可能になるでしょう。

ほうれい線を改善するエクササイズの方法とは?

50代のほうれい線をこれ以上はっきりとさせないためには、出来るだけ効果的に、効率の良いエクササイズを行うことが大切です!

 

エクササイズを行う際には、このような方法で、表情筋をトレーニングしてみましょう。

舌回しエクササイズ

  1. 口内で、舌を回していきます。歯茎を舐めるように、一秒以上かけてゆっくりと、10回ほど回しましょう。

    (舌がつりそうになったり、唾液が多く出るようであれば効果アリ!)

  2. 反対も同じように回していきます。
  3. 1と2を1セットとし、一回最低、3セットを行います。

    時間がある時にグルグルと回すだけでも、効果があるでしょう。

あいうえおエクササイズ

  1. 大きく“あ”の形の口を作り、5秒ほどキープします。

    この時、目元なども合わせてしっかりと見開くと、顔全体が鍛えられます。

  2. 大きく“い”の形の口を作り、5秒キープ。

    この時も、口の端と端が横に引っ張られているように、しっかり開きましょう。

  3. 大きく“う”の形にし、5秒キープ。

    唇をしっかり尖らせて、目もギュッとつぶるとより効果的!  顔のパーツが全て、真ん中に集まるイメージで行いましょう。

  4. 大きく“え”の形を作り、5秒キープ。

    口角の端と端が、スマイルを作るように、上に引っ張り上げられるイメージ。

  5. 大きく“お”の形を作り、5秒キープ。

    この時、両ほほの内側がどうしが、くっついてしまうようなイメージで行いましょう。

これらの表情筋エクササイズを、朝晩毎日行うことで、ほうれい線改善効果が期待出来ます!

様々なケアと合わせてスキンケアを行いましょう!

50代のほうれい線を効果的に消す方法とは?

 

50代に出来ているほうれい線は、非常に目立つ上に、なかなかすぐには消えてくれないのが特徴です。

 

ケアを行わないとよりはっきりくっきりとしたほうれい線が付いてしまう一方ですので、出来るだけ早めに、効果的なケアを行うことが、大切と言えるでしょう。

まとめ

ほうれい線のケア方法は一つではなく、二つ、三つなどいくつか行うことはもちろんですが、肌にダイレクトに効果を与えることが出来る、スキンケア化粧品を合わせて利用する事をオススメします。

 

おすすめのリフトアップ化粧品を使って、ほうれい線を解消しましょう!

 

50代のほうれい線を効果的に消す方法とは?