50代のほうれい線を消す方法は?エクササイズと化粧品で効果あり!

中高年になると、くっきりと目立ち始めるほうれい線

 

50代の場合、30〜40代の時にケアを怠ってしまうと、ほうれい線の跡は非常にはっきりと目立ってしまうケースが多いです。

 

そのため、ほうれい線をコンプレックスに感じている女性は少なくありません

 

そんな50代のほうれい線を改善する為には、しっかりとケアを行うことをオススメします。

 

ここでは、その50代のライフスタイルに合わせたケアの方法や、オススメのエクササイズについて詳しく解説していきましょう。

 

心身の変化が起きやすい50代

 

50代といえば、身体の変わり目の時期と言っても過言ではありません

 

とくに女性は、閉経を迎える人がほとんどで、それに伴う更年期障害が生じやすくなります。

 

女性ホルモンがグンと減る事から、肌や髪にツヤがなくなったり、骨粗鬆症になりやすかったりするでしょう。

 

他にも、精神的にイライラしたり、不眠や食欲不振になったりすることも。

 

また、スキンケアをするのも面倒になったりする人もいます。

 

そんな心身の変わり目というべき世代は、スキンケアをおろそかにしたり、間違ったケアをしたりすれば、ほうれい線を含むシワやたるみ、シミ、毛穴の悩みなどに頭を抱えてしまうでしょう。

 

逆に言えば、この時期にしっかりケアをしていれば、60才に向けて、第2の人生を華やかに過ごせるというわけです。

50代はエイジングケアを真剣に考える時期!

50代は、あらゆる肌悩みが総合的に襲いかかる時期

 

「ほうれい線が気になる」という事は、その周りのコラーゲンエラスチンの低下も起きているという事になります。

 

ですから、顔全体のリフトアップケアをすると同時に、とくに気になる箇所には、部分的にリフトアップが狙えるスキンケアを併用して使うことが望ましいでしょう。

 

また30代40代の時からほうれい線を気にしていた人は、50代になれば、誰しもがわかるようなクッキリとしたほうれい線になるのです。

自分の肌に投資しやすい絶好の時期!

50代のほとんどの方が、子供が成人し、子供にかける教育費などから解放される時期でもあります。

 

よって、自分の美容投資にも力をいれることができるでしょう。

 

今までは、「自分のしわやたるみに気づいていても、スキンケアにコストをかける事ができずに、見て見ぬ振りをしていた…」なんて事もあったでしょう。

 

50代は、もうひと花咲かせる事のできる絶好のチャンスと言えるのです。

 

何も高額なケアを買い揃える必要はありません。

 

自分の肌にあった成分、テクスチャーやコスパなどを総合的に判断して使い始める事が大切です。

 

50代のほうれい線ケアには、エクササイズを!

 

50代のほうれい線ができる最大の原因とも言えるのが、表情筋の衰えによって肌がたるむこと

 

逆に表情筋を鍛えさえすれば、必ず効果が表れますので、くっきりと刻まれたほうれい線も、少しずつ改善していくことが可能になるでしょう。

 

リフトアップと表情筋については、「シワたるみ改善!表情筋を鍛える方法は?」で詳しく解説しています。

 

50代のほうれい線をこれ以上はっきりとさせないためには、できるだけ効果的に、効率の良いエクササイズを行うことが大切です。

 

エクササイズを行う際には、このような方法で表情筋をトレーニングしてみましょう。

舌回しエクササイズ

  1. 口内で、舌を回していきます。
  2. 歯茎を舐めるように、一秒以上かけてゆっくりと10回ほど回しましょう。
    ※舌がつりそうになったり、唾液が多く出るようであれば効果アリ!

     

  3. 反対も同じように回していきます。
  4.  

  5. 1と2を1セットとし、一回最低3セットを行います。

時間がある時にグルグルと回すだけでも、効果があるでしょう。

あいうえおエクササイズ

  1. 大きく“あ”の形の口を作り、5秒ほどキープします。

    この時、目元なども合わせてしっかりと見開くと、顔全体が鍛えられます。

  2.  

  3. 大きく“い”の形の口を作り、5秒キープ。

    この時も、口の端と端が横に引っ張られているように、しっかり開きましょう。

  4.  

  5. 大きく“う”の形にし、5秒キープ。

    唇をしっかり尖らせて、目もギュッとつぶるとより効果的!
    顔のパーツが全て、真ん中に集まるイメージで行いましょう。

  6.  

  7. 大きく“え”の形を作り、5秒キープ。

    口角の端と端が、スマイルを作るように、上に引っ張り上げられるイメージ。

  8.  

  9. 大きく“お”の形を作り、5秒キープ。

    この時、両ほほの内側が同士が、くっついてしまうようなイメージで行いましょう。

これらの表情筋エクササイズを、朝晩毎日行うことで、ほうれい線改善効果が期待できます。

 

また、これらのエクササイズは、血行が高まっているバスタイムやバスタイム後、すぐに実施してあげると良いでしょう。

 

様々なエクササイズと合わせてスキンケアを行うと、より効果的ですよ。

 

50代のほうれい線ケアとは

 

50代にできているほうれい線は、非常に目立つ上に、なかなかすぐには消えてくれないのが特徴です。

 

ケアを行わないと、よりはっきりくっきりとしたほうれい線が付いてしまう一方。

 

できるだけ早めに、効果的なケアを行うことが大切と言えるでしょう。

しわたるみに効果的な成分が配合されている

しわやたるみには、レチノールビタミンC誘導体などの成分や、ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンなどの成分が配合されていると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体ってどんな成分?美肌に効果があるって本当?

 

また、血流をスムーズにしてくれるビタミンEなどが配合されていれば、これらの有効成分をより効果的にしてくれるはずです。

シミやくすみに効果的な成分が配合されていれば尚良い!

実は50代の肌悩みは、ほうれい線などのシワやたるみだけではありません。

 

同じくらいにシミくすみも発生しやすく、そのままにしておけば濃くなる一方なのです。

 

しわやたるみは改善されたけれど、新たにシミやくすみ悩みが増えてしまった…

 

という事では、本末転倒ですし、新たなケアをする必要があります。

 

こうした事のないように、シミに効果的なビタミンC誘導体や、アルブチン、プラセンタなどの美白成分も加わると良いですね。

 

ちなみにビタミンC誘導体は、シミやくすみだけでなく、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生成にも役立つため、重要視したい成分の1つでもあります。

 

ほうれい線とともに発生しやすい毛穴の目立ち!

50代ともなると、ほうれい線だけでなく、?付近の毛穴がポツポツ目立ちやすくなります

 

これは、真皮層のコラーゲンやエラスチンが加齢により弾力をなくしてしまい、それに伴い毛穴が縦長に開いてしまう状態に。

 

ほうれい線だけでなく、その周りの毛穴が開いていたら、弾力を取り戻すお手入れをしてあげる事で、どちらにも効果的に働きかけてくれるでしょう。

 

30代〜40代のほうれい線対策が大事!

 

実際にほうれい線は30代、40代から少しずつ気になり出します。

 

これは、弾力を保つコラーゲンが減少しだす年齢だから

 

うっすらほうれい線があるかな?
乾燥している時期にだけ現れるかな?

 

などの曖昧なほうれい線であるため、ほうれい線を緩和するスキンケアを本格的に実施する人は少ないかもしれませんね。

 

しかし、この時期にしっかりリフトアップ化粧品を使っている人は、50代になってもほうれい線で悩む事はないのです。

 

ですが、50代になってからでも、ほうれい線のケアであるリフトアップ化粧品をスタートして日々ケアをすれば、ほうれい線を目立たなくする事は可能。

 

30代〜40代にケアをおろそかにしていたとしても、50代で取り戻すつもりでケアすれば問題ありません。

 

まとめ

ほうれい線のケア方法は1つではなく、2つ、3つなどいくつか行うことはもちろんですが、肌にダイレクトに効果を与えることができるスキンケア化粧品を合わせて利用する事をオススメします。

 

とくに、50代に生じやすい、深いほうれい線には、オススメのリフトアップ化粧品を使って、ほうれい線を解消しましょう。

 

また同時に、ほうれい線と一緒に?の毛穴開きや、それに沈着するメラニンなどのお手入れも同時にできれば良いですね。

 

50代だからと諦めずに、リフトアップケアを人は、いつまでも若々しい肌で輝き続けるでしょう。