何とかしたいあごのたるみ、改善方法と効果的なリフトアップ化粧品は?

何とかしたいあごのたるみ、改善方法と効果的なリフトアップ化粧品は?

 

あごのたるみは、顔全体の印象をぼんやりとしたものにしてしまう上、現状以上に太って見えてしまう、実年齢よりも老けて見られてしまうなど、女性にとっても、もちろん男性にとっても何とかしたい悩みの一つではないでしょうか。

 

この嫌なあごのたるみが、どうしてできてしまうのか、できやすい生活習慣やできやすい生活をしている人の特徴、そして改善方法やリフトアップ化粧品の選び方などを見直せば、あごのたるみに悩まない日々が待っています。

あごのたるみが出るとオシャレの幅が狭くなる

あごがたるみ、二重顎状態になると、オシャレなネックレスをしても映えなかったり、タートルネックやマフラーなどを巻いても、顔が大きく見えるなど、オシャレが楽しめなくなるでしょう。

 

特に、オシャレなファッションをしたい盛りの年代で、あごのたるみが生じると、服選びも楽しくなくなりますね。

 

できることなら、早いうちから、あごのたるみ症状に気づいたら、すぐにでもケアをはじめれば、オシャレなファッションコーディネートが楽しめます!

 

もしも、すでにあごのたるみが出ている場合ならば、首ものと開いた洋服を着るなどしながら、あごたるみ改善を目指していきましょう。

 

そもそも、あごのたるみはどうしてできる?あごのたるみができやすい人やその訳

では、どうして知らず知らずのうちにあごのたるみができてしまうのでしょうか。

 

普段と変わらない生活をしていたにもかかわらず、あごがたるんでしまうわけ、じつは加齢によるもの以外にも、その原因となる生活習慣やきっかけがたくさんあるというのをご存じでしょうか?

もちろん加齢はあごのたるみをもたらす大きな要因

やはりあごにたるみが現れてくる大きな要因としては、加齢ということがあります。

 

年齢を重ねる事で、肌が重力に打ち勝つハリや弾力性を失い、下へ下へと下がってしまうことであごにたるみが生じます。

 

しかし、この加齢によるあごのたるみも、普段からリフトアップ化粧品を常用することで、かなり予防することができます。

 

加齢によるコラーゲンの減少などを、普段からリフトアップ化粧品やアンチエイジング効果のあるスキンケア商品を使う事によって、年齢からくるあごのたるみにブレーキをかけることができるのです。

 

あごのたるみが気になりだす前から、やはりこうした商品を使うということが最も大切な事です。

 

しかし、あごのたるみで悩むようになってから使い始めても、かなり高い効果を実感することができます。

 

リフトアップ化粧品を使うと使わないでは、雲泥の差が出るといっても過言ではないでしょう。

 

加齢によるあごのたるみ予防のため、そしてあごのたるみが気になりだしたら、ぜひリフトアップ効果やアンチエイジング効果のある化粧品を使ってみましょう。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

もともと小顔だったためあごのたるみが目立つ

若い時には容姿に非常に有利な小顔も、じつは年齢を重ねたり生活習慣や体重の変化によってあごのたるみが出やすいという、デメリットがあります。

 

もともと小顔であごが小さく、たれ落ちてきた筋肉や脂肪の受け皿となるあごの面積が狭いため、普通の人以上にあごのたるみがあるように見えてしまいます。

 

また、ちょっとしたたるみも非常に目立ち、若い時にはメリットだった小顔も、あごのたるみにおいては非常に大きなデメリットとなります。

口腔疾患が原因で起きるケースも!

あごのたるみには、顎関節が原因のものや、虫歯や親知らず、歯肉炎などが原因となるものもあります。

 

特に、ストレスなどから生じる顎関節症は、口が大きく開けなかったたり、がくがく音がなったりと、あごのだるさが続いて、不快です。

 

ひどい人ならば、口腔外科でマウスピースなどで正する治療法を行う人もいます。

 

他の歯の疾患などでも、痛みにより口の筋肉を動かせない場合、次第にあごの筋肉も弱くなるでしょう。

 

そしてたるみという肌悩みが生じやすくなります。口腔内に疾患がある人は早めに治療しつつ、たるみを症じさせないようなスキンケアも同時進行させましょう。

肥満によるあごの脂肪増加で、あごのたるみが大きくなる

肥満によってもあごのたるみが大きくなるのは言うまでもありません。

 

しかし、ここで気をつけなければならないのは、太ってしまってできたあごのたるみは、その後痩せたとしても元に戻すのは至難の業になるということです。

 

太ってあごがたるんだから、痩せれば元に戻る、という事はありません。

 

脂肪によって引き伸ばされた皮膚を、痩せて元通りにするのは非常に難しく、痩せてしぼんだ、ダルダルになった皮膚があごに残っているという状態になってしまうのです。

 

こうした、想像しただけでも恐ろしい事態を予防するためにには、ダイエットをしてあごの肉を落とすと同時に、スキンケア、肌にハリを取り戻したり、あごの皮膚をリフトアップさせるような化粧品を使う事が大切だといえるでしょう。

 

ダイエットでできるしわ、何とかしたいならぜひ試してほしい方法

現代人だからこその問題、口呼吸、咀嚼、舌の筋肉が関係してあごのたるみを招く

あまり固いものを噛まなくなった現代人の生活状況も、あごのたるみをもたらす一つの要因となっています。

 

携帯電話やスマホの台頭により、人とのコミュニケーションの形が変化し、舌やあごの筋肉を会話や言葉で使用する機会が減り、柔らかい食べ物やファーストフードなどで咀嚼が減ったこと、口呼吸など、さまざまな要因が絡み合って現代人のあごのたるみを招いているといえるでしょう。

あごのたるみを解消する方法いろいろ

では、こうしたあごのたるみを、どのように予防して、解消していくことが効果的なのでしょうか。

 

あごのたるみの予防、改善、対策方法を考えてみましょう。

まずはやはり姿勢を改善、猫背などであごが前に出ないようにする

現代人に多い猫背、この猫背を治すだけでもかなりあごのたるみを予防、改善することができます。

 

パソコンやスマホ、仕事をしている際など、意識して姿勢を正してみるようにしましょう。

 

正しい姿勢は、あごのたるみを解消するだけでなく、内臓機能回復にも効果があり非常に健康的です。

舌を動かす体操

普段あまり、気にして生活していない部位が舌です。

 

この舌の筋肉をしっかり動かす事で、あごはもちろん、口周辺の筋肉をしっかり動かし、鍛える事ができます。やり方は以下のようなものです。

 

口は閉ざしたまま、舌で左右のほうれいせん辺りをなぞるように押し上げ、口中を一周させます。

 

これを1日、何セットが継続させる事で、次第にあごの引き締めを行う事ができるでしょう。

あいうえお体操

いたって簡単な口筋肉を動かす体操に「あいうえお体操」があります。

 

大げさに「あいうえお」という事をくりかえし言う事で、次第にあご周りの筋肉をつけていくようなイメージです。

 

お風呂の中などの湯気で肌がしっとりしている時にやってあげるとさらに効果的です。

たるみの前段階!むくみを解消

むくみをその日のうちに解消しておくのが、たるみにつながらず、二重顎防止となるでしょう。

 

むくみをそのままにしてたるみにつながるケースは意外に多く、むくみを解消しておく事が早めに解消するコツになります。

 

ジャンクフードなどの塩分の高い食生活は控えたり、体をしめつけるような無理なサイズの下着や衣服の着用をさけたりしましょう。

 

また、スイカなどに含まれるカリウムはむくみを防止する働きがあるため、積極的に取り入れたいものです。

体重増加に気をつけ、咀嚼回数を増やす

やはり肥満予防は、あごのたるみ予防の基本だといえるでしょう。そして咀嚼回数を増やすことによって、あごの筋肉を鍛えるという事も効果があります。

 

あごの筋肉を積極的に動かすことによって、リンパの流れも良くなり、ますますあごのたるみ解消になるでしょう。

 

また、もともと太り気味の人でなくても、あごが、なんらかの理由でたるんでしまうと、ふとって見えることもあります。必ずしも「太っている=顎のたるみ」にはなりません。

あごのたるみを目立たなくさせるメイク術

あごのたるみは、最終的には日々のストレッチやリフトアップケアで緩和していくのが理想ではありますが、その過程は、人によって長くかかるかもしれません。

 

そこで、あごのたるみを目立たなくするメイクアップ術を学び活用しましょう。

口角をキュッとあげるリップメイク

あごのたるみは、あごだけでなく口周りをも、ボヤかしてしまうでしょう。

 

口元をキリッとさせるリップライナーで口角をややあげぎみに描き、ぼやけるような淡めのカラーではなく、はっきりとしたカラーのリップをつけます。

ファンデーションは暗めに!

あごのたるみにより、フェイスラインがぼやけるため、ワントーン暗めのファンデーションをユーゾン中心につけて、最後はブラシでぼやかします。

ハイライトとシェーディングで立体感

暗めのファンデーションをつけても、いまいち輪郭がぼやける場合は、少し濃いめのシェーディングカラーをつけてぼかします。

 

このとき、Tゾーン明るいハイライトを入れるとメリハリがついて、あごのたるみが気にならなくなるでしょう。

メイクの比重を頬骨よりも高めに

メイクのポイントを目元に持ってきたり、チークを?の高さよりも上の方につけたりとメイクの比重を下から上よりにします。

 

そうする事で、たるんだあごから他人の視線をずらす事ができます。

リフトアップ化粧品やアンチエイジング、ハリに効果のあるスキンケアの実践

もっとも即効性があり手軽にできるあごのたるみ改善方法は、やはりリフトアップ化粧品やアンチエイジング効果のあるスキンケア商品、ハリを取り戻す成分が配合されている化粧品などの使用です。

 

これは、非常に手軽に始められるだけでなく、日々意識して日中は気をつけていなければならないという努力もさほど必要としません。

 

効果的なリフトアップ化粧品やアンチエイジング効果のある商品を使う事は、あごのたるみを改善、予防するための、もっとも効果的な、そしてまず最初に行うべき第一段階だといってよいでしょう。

 

あごのたるみ対策を講じるのであれば、まずは、リフトアップやアンチエイジング、ハリや弾力を取り戻すことのできる化粧品の使用から始めてみましょう。

まとめ

あごのたるみは、決して元から太り気味の人だけに起きる症状ではありません。

 

生活習慣における姿勢や、むくみ、口腔内の疾患においても、生じやすくなるでしょう。

 

様々な要因はあっても、早くから対策やケアをスタートすることで、二重顎になるのを防ぎ、首元のオシャレも末長く楽しむ事ができるのです。

 

あごのたるみをケアするポイントは、

  • 舌回しなどの体操
  • 真皮層まで届くリフトアップのケア
  • あごたるみを目立たなくするメイク術

をバランスよく日々継続させる事です。

 

そしていずれは、スキンケアだけであごたるみが緩和される事が目標で、メイク術に頼らなくてもよくなる事が理想です。

 

何とかしたいあごのたるみ、改善方法と効果的なリフトアップ化粧品は?