コラーゲンってどんな成分?リフトアップに効果があるって本当?!

化粧水などのスキンケア商品を初め、美容注射やパック、サプリメントやドリンクなどにも利用されている、コラーゲン

 

何となく美容に良いという事は分かっている物の、「具体的にどんな成分なのかわからない」という方も、少なくないのではないでしょうか?

 

そんなコラーゲンとはどんな成分なのか、どんな効果があるのかについて説明していきます。

 

美容だけでなく、健康面におけるコラーゲンの役割にも着目してみましょう。

 

コラーゲンとはどんなもの?

 

コラーゲンは、様々なアミノ酸で構成されている、タンパク質の一種。

 

人間の体を構成するタンパク質のうち、3割を占めている非常に重要なたんぱく質の一種です。

 

皮膚や骨、軟骨に分散して、日常の健康や美容を支えている成分と言えるでしょう。

 

コラーゲンにはいくつか種類があるのですが、大きく分けて2つに分けられます。

 

コラーゲンT型 皮膚などに主に使われているコラーゲン
コラーゲンU型 骨や軟骨などに主に使われているコラーゲン

真皮層の約7割がコラーゲン

真皮組織には、弾力を保つためのコラーゲンエラスチンなどのタンパク質繊維がたくさん密集しています。

 

しなやかな美肌に欠かせない成分のエラスチン!その成分の効果とは?

 

その7割が、コラーゲン!

 

ですから、コラーゲン全体量の低下は、見た目的にも老化をイメージさせてしまうでしょう。

 

という事は、真皮層のケアをしていれば、必然的にコラーゲンの弾力性を取り戻し、若返りも果たせるということ

 

そのためには、コラーゲン化粧品コラーゲンサプリメントコラーゲンドリンクなどで体の外側、内側とケアするのが理想でしょう。

 

コラーゲンがしっかり弾力を保ち、正常な状態でいられるピークは、25歳頃が目安です。

 

その後は徐々に減少していき、40歳頃にはかなりの量のコラーゲンが減少し、老けた印象を与えてしまうでしょう。

 

目や口は特に注意が必要!

などの皮膚の薄い部位は、特にコラーゲン低下の目立つ部位です。

 

これらの皮膚の薄さは、?の皮膚の部位と比較すると3分の1の薄さ。

 

目は瞬きをしたり、擦ったりする部位であるため、水分蒸散が起こりやすいのです。

 

また、口元は常に笑ったり食べたりと動かす部位なので、特に表情ジワとして出現しやすくなるでしょう。

 

口元の気になるしわ、どうしたら改善できるのでしょうか

 

ただの角質層の乾燥シワなら、ヒアルロン酸セラミドなどを補うケアで容易に改善できます。

 

しかし、真皮層まで到達してしまったシワは、コラーゲンケアを行わなければ回復は難しいでしょう

 

コラーゲンはどんな効果がある?不足するとどうなるの?

 

コラーゲンは摂取することで、皮膚にハリツヤ潤いを与える成分として注目されています。

 

また、美容・美肌効果が高い成分として知られていますよね。

 

肌がなんだかカサカサしていて乾燥しているという方や、シワやたるみ、小じわなど…

 

何らかの肌トラブルを抱えているという方には、コラーゲンの摂取がオススメと言えるでしょう。

 

また、コラーゲンは美容効果にのみ注目されがちですが、関節や軟骨にも強い効果を表します。

 

コラーゲンは軟骨成分の一種でもありますので、続けて摂取することで、関節を補修、修繕していき、関節の動きをスムーズにする働きが期待できるでしょう。

 

リフトアップと乾燥肌については、「乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ」で詳しく解説していますよ。

コラーゲン不足の症状とは!?

  • 爪が割れやすかったり、白っぽくなったりする
  • 肌の弾力低下が起こり、ほうれい線や、ちりめんじわなどができやすい
  • 髪への栄養が足りずに、髪がパサついたり、白髪がチラホラ目立つ
  • 瞳の潤いがなくなり、澄んだ目をしなくなる

 

他にも、骨粗鬆症になりやすかったり、血管が脆くなりやすかったりと動脈硬化のリスクも高くなるでしょう。

 

コラーゲンを減少させないための食事を!

 

コラーゲンを減少させない為には、コラーゲン豊富な食材を積極的に摂取したり、コラーゲン摂取に相乗効果をもたらすような栄養を摂取する必要があるでしょう。

コラーゲン豊富な食事

いつもの食事でコラーゲンを摂取するのであれば、フカヒレうなぎ牛すじ手羽先しらす干しなどに多く含まれているでしょう。

 

さらに、これらのコラーゲンと一緒に食べた方が良いとされる食べ物は、コラーゲンの生成を安定させるビタミンC豊富な果物や野菜です。

 

ですが、ビタミンCはすぐに破壊されやすいため、熱調理などを避けた調理法がベストですよ。

コラーゲン生成を妨げる食べ物

脂肪分糖分の高い肉デザート類は、コラーゲンを破壊してしまう抗酸化作用のある成分を消費してしまったり、糖化によりコラーゲンを固くしてしまったりしてしまいます。

 

ジャンクフードやインスタント食材の食べ過ぎにも注意が必要ですね。

 

コラーゲンを破壊する紫外線

コラーゲンは、紫外線により破壊されて真皮層の低下を招きます。

 

紫外線ケアで美肌を守る!

 

紫外線はシミソバカスだけでなく、シワたるみにまで影響を及ぼすでしょう。

 

若くても、紫外線の影響を強く受け続ければ、コラーゲンは日々低下してしまいます。

 

紫外線対策グッズや日焼け止め化粧品の使用で紫外線を防御する事も、コラーゲンを破壊させない方法の1つでしょう。

 

日焼け対策は、夏だけでなくそれ以外の季節もしっかり施し、曇りの日でも普段と同じようにケアが必要です。

 

コラーゲンを摂取する方法は?

 

コラーゲンの摂取方法によっても、その効果は多少異なります。

 

自分がコラーゲンを摂取して、最も得たいと考えている効果を得ることができる、摂取方法を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

 

コラーゲンを摂取する方法は色々とあげられますが、目的に応じて以下のように摂取方法を変えることをオススメします。

 

摂取方法は、大きく分けて2つの部類に分けられます。

美容効果を得るためにコラーゲンを摂取する方法

化粧水などのスキンケア商品で、直接肌に貼付する方法などがこちらに当てはまります。

 

コラーゲンを主成分としたスキンケアは、化粧水に始まり美容液やクリーム、マスクなど多くの種類が見られます。

 

こうしたコラーゲンが配合されている化粧品は、シワやたるみなどの老化対策として欠くことができません。

 

直接肌に塗ったり、浸透させたりすることで、より高い美容効果を得ることができるでしょう。

健康効果を得るためにコラーゲンを摂取する方法

健康を目的としたコラーゲン摂取は、サプリメントドリンクなど体内から摂取する方法が効果的でしょう。

 

この2つの部類のどちらにも属さないと言えるのが、コラーゲン注射による摂取方法です。

 

コラーゲン注射の場合は、注射をした部分にピンポイントで効果が期待できるでしょう。

 

美容にはもちろん、関節痛の改善の際にも、高い効果が見られます。

 

ですが、コラーゲン注射は3ヶ月程度経過すると、体内に吸収されるため、効果を持続させるには、定期的にコラーゲン注射が必要になるでしょう。

 

また、副反応として赤みが出たり、痒みが出たりするケースもあります。

 

リフトアップ化粧品でコラーゲンケアを!

 

利用方法によって、高い美容効果健康効果を得ることができるコラーゲン。

 

上手に使うことで、肌のコンプレックスを改善することも難しくありませんよ。

 

特にコラーゲンのピークが過ぎる前に、何らかのコラーゲン化粧品をスタートさせたり、コラーゲンを減少させない生活を維持しましょう。

 

極度のコラーゲン低下による、肌老化を防ぐことができます。

 

早めのケアが、いつまでもピンとハリのある肌を維持してくれるでしょう。

 

もっとも効果的なのが、コラーゲンやそれに合わせた効果をもたらすエラスチンビタミンが総合的に配合されたリフトアップ化粧品です。

 

コラーゲンが低下して老化肌になる前に、しっかりケアすることをオススメします。

 

まとめ

いつまでも若くてハリのある肌を保持するためには、コラーゲンの補給が欠かせません

 

コラーゲンと同時にエラスチンビタミンなども、バランスよく摂取できると良いですね。

 

そのためには、コラーゲンがたっぷり配合された食材や、化粧品などの使用が望ましいです。

 

特に、コラーゲンがしっかり配合されたリフトアップ化粧品に注目してみましょう。

 

コラーゲンってどんな成分?リフトアップに効果があるって本当?!