ダイエットでできるしわ、何とかしたいならぜひ試してほしい方法

ダイエットでできるしわ、何とかしたいならぜひ試してほしい方法

 

ダイエットをして痩せたのはいいけれど、脂肪が落ちた部分がしわになってしまった、そういった経験はないでしょうか。

 

こうした、ダイエットによりできてしまったしわを、「やせじわ」、「ダイエットじわ」などと呼びます。

 

あまり聞いた事がない人が殆どですが、極度の体重減ダイエットをしてしまった人が陥りやすい、誰にでも起こりうるシワなのです。

 

ダイエットをしてしわが目立つようになってしまうという悩みを抱えている人、これからでも間に合うダイエットに伴うしわ対策をご紹介します。

 

いち早く対策して、スタイルの良さも若々しさも取り戻してあげましょう!

 

しわ対策までできてこそ、ダイエットが成功したと言えるのです。

ダイエット、痩せてうれしい反面、しわやたるみなどの肌トラブルに悩む人も多い

実は、ダイエットを成功させて、体重が落ち、美しくなった、健康になったと喜ぶ反面で、それと対峙するかのように、ダイエットによって、今まではさほど目立たなかったしわや、皮膚のたるみに悩む人は想像以上に多くなっています。

 

今までぜい肉や脂肪ではっていた皮膚の内側がスカスカになるのですから、昼のたるみやしわがあらわれてしまうというのは、仕方のない事ですが、実はダイエットに伴うしわやたるみを起こさないようにする、またダイエットによってできたしわやたるみを改善する方法は存在します。

ダイエットによるしわやたるみはなぜ起きる?

ダイエットによるしわやたるみは、様々な要因で生じるようです。

 

そのどれが原因なのかでも使用したい化粧品に違いが出てきます

ダイエットによる、栄養不足

ダイエットといえば、食事制限が主流になる事もあるでしょう。

 

ダイエット中の食事制限は、大切な栄養バランスを崩し、健康を損ねてしまう事もあります。

 

それと同時に、肌の再生に携わるビタミン類の摂取が十分でなくなります。

 

こうした栄養不足がエラスチンやコラーゲンの再生に著しくかけてしまう事が原因です。

過度なダイエットによる急激な体重減

数日間で何キロも痩せてしまうような過度なダイエットは、皮膚のたるみにつながります。

 

この皮膚の快復は、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを経て元に戻りつつありますが、年齢が高くなれば、高くなるほどターンオーバーのサイクルは長くなり、元に戻るのに時間が、かかるでしょう。

 

20代では、25日程度の肌サイクルが、40代ともなると40日?50日間など2倍の時間がかかる事も否めないのです。

ダイエット中に注意したい事

油の摂取しなさすぎ

ダイエット中だからと無闇に油を抜くと、皮膚の乾燥につながります。

 

こってりしたものは避けて、ライトタイプの油を使用するなど工夫しましょう?

まめな水分補給

化粧品で肌に水分を補うだけでなく、口からもこまめに水分摂取をしましょう。

ダイエットによるストレスがたるみを生じる

ダイエットは、不慣れな食事制限や、運動などでストレスが溜まる事が殆どです。

 

ストレスは体内に取り入れた酸素を酸化させてあらゆる老化をもたらします。

 

そのひとつに弾力を維持するコラーゲンなどの生成を鈍くしてしまう酸化という厄介な状況があるのです。

ダイエットでできるしわ、たるみ、出やすいのは、特に顔

ダイエットで皮膚のたるみが起こり、しわが顕著に出やすい場所といえば、やはり顔でしょう。

 

顔は服や衣類などで隠すことができないため、ダイエットでしわができると、非常井目立ちますし、自分でも今まで無かった、あるいは目立たなかったしわが、急に目立つようになるのですから、鏡を見るたびにがっかりしてしまうことでしょう。

 

では、その顔にできたしわ、たるみ、いったいどのように改善していったらよいのでしょうか。

 

また、新たなしわやたるみを進行させないようにするためには、どのような方法が効果的なのでしょうか。

最も効果的な方法、それは毎日続けるスキンケア

ダイエットによってできた顔のお肌のたるみ、しわ、その改善策としてベストだといえるのは、やはり何といっても毎日のスキンケアです。

 

特にスキンケア商品に配合されている成分を重視して選ぶと、よりしわやたるみに大きな効果を発揮するといえるでしょう。

ダイエットでできたしわに効果的な成分

ダイエットでできたしわは、ハリや弾力が失われ、老化じわのような、水分補給だけでは、緩和できないものが多いのです。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

 

こうした弾力低下は、有効成分をしっかり浸透させる事が改善への第一歩と言えるでしょう。

 

ダイエット中は、痩せることばかりが頭をよぎり、肌への関心も乏しくなり、気づいた時には痩せたけれども、肌はシワシワというケースが少なくないのです。

 

以下のような主成分を意識して、ダイエットしわ対策につとめましょう。

コラーゲン

しぼんだ肌に水分を保持して潤いを持たせふっくらさせる

 

コラーゲンってどんな成分?リフトアップにもたらす効果

ヒアルロン酸

肌がたるんだ状態を改善、ハリを持たせる

ビタミンC誘導体

肌の奥深くにまで浸透する効果があり、肌の内部でのコラーゲン生成を促す

和漢植物エキスを配合

植物の持つ自然の優しい力で、肌に負担をかけることなく優しく元の肌への再生を促す

プラセンタエキス

豚や馬などの胎盤から抽出された栄養の宝庫、プラセンタエキスは、ダイエットで不足しがちな栄養を補充し、弾力アップに欠くことのできないコラーゲンやエラスチン再生を活性化する。

セラミド

細胞間脂質とよばれ、セラミドで満たされた肌は外部からの刺激をいれこまない効果が期待できます。
敏感肌の人は、特にバリア効果のあるセラミドの働きに期待。

リコピン、ビタミンE

トマトの成分であるリコピンや、血行を促進するビタミンEは抗酸化作用が期待でき、アンチエイジングでも注目されているケア成分です。

 

輝く肌で前向きにありたいすべての女性のためにアスタリフト!

 

その他にも、ダイエットによるしわに効果的な成分はたくさんあります。

 

選ぶポイントとしては、ダイエットによってできてしまったしわは、皮膚が重力に負けて落ちているという点を意識して、リフトアップやアンチエイジング、ハリなどを取り戻す効果のある成分を、高配合しているという点です。

 

ただの乾燥対策目的で使用する化粧品とはちょっと違います。

ダイエットじわに効果的な化粧品のポイント3点

ダイエットのしわを改善するのは、安易なものではありません。

 

たるみが生じたしわは、余った皮が元に戻るまで、ターンオーバーを経てゆっくり再生していくのです。

 

そんな難易度の高い、しわやたるみは、しわに効果的な有効成分や、浸透性などすべてを総合的に判断してセレクトする必要があるのです。

 

以下のような点をポイントとして選びたいものです。

水分を保持して、みずみずしく弾む肌へ

肌への水分補給は、基本中の基本でしょう。

 

細胞に水分がしっかり満たされた肌は、弾力があって外部刺激を受けにくいものです。

真皮層まで届けるケアを

しわや弾力にかかわるコラーゲンやエラスチンは、真皮層という肌の深い部分に存在します。

 

通常の化粧水などは、皮膚表面を潤す程度の商品が多いため、真皮層にまで浸透するようなケアをしたいものです。

 

真皮層までケアしなければならないのは非常に時間が、かかったり、コストも割高のものが少なくありませんが、ダイエットによるしわやたるみをいち早く緩和するには、専用の商品を使うのが一番でしょう。

 

エラスチンでしなやかな美肌に?エラスチンの効果とは

肌の老化を抑える抗酸化作用を着実に!

最近、肌が錆びるという言葉をよく聞くように、ダイエットなどのストレスから肌が酸化してしまう事があります。

 

酸化により コラーゲンやエラスチンなどの破壊がおこらないためにも、抗酸化作用の期待できるスキンケアを選びましょう。

 

たるみやシワは、早めの対処が必要です。

まとめ

こういった化粧品を選ぶことで、より肌を元の状態に戻す効果が高く期待でき、早期に行った方が良い肌の改善に、貢献してくれることでしょう。

 

ダイエットによって、自分の美しさ、健康に磨きをかける、それと同時進行で肌の負担や状態維持、改善などに努めることで、ダイエットによる肌トラブルを避け、よりダイエットによる美容効果をアップさせることにつながります。

 

ダイエットをするなら、同時に徹底したスキンケアを心がけるようにしましょう。

 

ダイエットでできるしわ、何とかしたいならぜひ試してほしい方法