ほうれい線をメイクで隠す方法

ほうれい線をメイクで隠す方法

 

年齢と共に表れるほうれい線

 

そんなほうれい線をきれいに隠すためには、メイクの仕方がポイントなんです!

 

ほうれい線を隠すメイクの方法についてご説明します!

ほうれい線を隠すメイクのポイントその1 まずはスキンケアを入念に!

メイクをする前には必ず、肌にたっぷりと潤いを与えることが大切です。

 

潤いを与えていないままの肌にメイクを施すと、ほうれい線が悪化するだけではなく、メイクが崩れ、せっかくのほうれい線隠しメイクも台無しになってしまう可能性があります。

 

必要に応じて、パックや加湿器を利用して、肌にまずは潤いを与えていきましょう。

ほうれい線を隠すメイクのポイントその2 化粧は下地がミソ!厚化粧は絶対禁止!!

ほうれい線が出てきた方がやってしまいがちなのが、ほうれい線を隠すために“厚塗りメイク”をしてしまうという事です。

 

ですが、厚塗りメイクをすればするほど、残念ながらほうれい線はくっきりはっきりと出てきてしまいます。

 

厚塗りメイクを肌に塗りこむためにグイグイと肌を押してしまった結果、ほうれい線が悪化してしまうというケースも少なくありません。

 

くっきりはっきりついてしまっているほうれい線にこそ、厚塗りメイクはご法度!

 

メイクの際には、

  • 化粧下地を10円玉大の大きさで手の平に出し、顔全体に塗る
  • 化粧下地より少し明るめのトーンのコンシーラーを、ほうれい線がある所につける
  • コンシーラーを塗る際には、ほうれい線と垂直に、五か所ほどに分けてつける
  • 化粧下地とコンシーラーを馴染ませる

まずはこのように、化粧の下地部分を完成させていきましょう。

 

化粧の下地部分がしっかりと出来るかどうかによって、メイクの完成レベルが変わると言っても過言ではありません。

ほうれい線を隠すメイクのポイント3 ファンデはパウダーで!!

化粧下地が出来たら次は、ファンデーションを塗っていきます。

 

ほうれい線を隠すためには、ファンデーションはパウダータイプを利用する事がおすすめです。
パウダータイプの場合、ほうれい線と毛穴の間にしっかりと入り込み、ほうれい線をより目立たなくしてくれます。

 

ファンデーションをつける際のポイントは、

  • 毛穴の奥まで入りやすい、ブラシでファンデをつける
  • トントンと、毛穴の奥まで入るように、軽く叩くようにしてつける
  • その後、クルクルと回しながら、ファンデとコンシーラーの境目を目立たないようにつける

このようにファンデーションを利用しましょう。

 

ファンデーションの代わりに、フェイスパウダーを使っても、化粧持ちが良くなる為グッドです♪

ほうれい線を根本から改善するケアも行いましょう!

ほうれい線をメイクで隠すことは簡単ですが、ほうれい線が無くなれば、より美しく、より若々しい肌を手に入れることが出来ます!

 

ほうれい線を無くすためにも、日頃のスキンケアを見直して、根本からほうれい線ケアをしてみてはいかがでしょうか?

 

ほうれい線をメイクで隠す方法