顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

 

美魔女なんて言葉があるように、年齢を重ねても、顔の老化が気にならない女性はたくさんいます。

 

こうした女性は、どんな老化対策を講じているのでしょうか。

 

アンチエイジング、美顔、ストレッチ、マッサージ、食事の見直しなど様々な美魔女対策があるはずです!

 

気になる顔の老化、気になりだしたら老化防止の対策を講じましょう。顔の老化防止に良い対策方法をご紹介します。

顔の老化!思い当たる項目は?

  • □ゴルゴ線、ホウレイセンがある
  • □目尻にカラスの足跡のようなシワがある
  • □以前に比べて毛穴が縦に広がっているように見える
  • □寝起きのシーツのあとが、いつまでも消えない
  • □化粧がのらない、よれる
  • □「疲れているの?」とよく聞かれる
  • □シワと同じように、シミやソバカスも増えた
  • □目の周りが窪んで見えたり、たるんでみえたりして、アイメイクが映えない
  • □午後になるとはだがどんよりくすんでくる

世代ごとに老化対策ケアに違いあり!

顔の老化は、その人の生活習慣や、スキンケアの仕方で、老化の進行具合に違いが出てくるでしょう。

 

ですが、年代によって、ターンオーバーの速度や、快復に違いがあるため、世代ごとのアンチエイジングケアを意識すると良いでしょう。

20代編

まず、最初におとずれる、お肌の曲がり角は、「20代半ば頃」です。

 

この時期は、就職したり、結婚したりと、ライフスタイルにも大きな変化をもたらすもの。

 

ストレスもじわじわ感じはじめ、仕事によっては、夜勤や残業などでターンオーバーも乱れはじめます。

 

また、オシャレも満喫したい年代なので、ダイエットによる栄養不足からエラスチンやコラーゲンを作り出す成分なども不足しやすくなります。

 

ですが、年齢的に保湿重視のスキンケアや、睡眠時間をリベンジすることで、肌のたるみまでは進行しない、予備軍の段階といえるでしょう。

 

この段階で、保湿ケアや、リフトケアを取り入れることで、次期おとずれる肌の本格的な老化の進行を抑えることができるでしょう。

30代〜40代編

次におとずれるべく肌の老化は、30代後半?40代です。

 

育児や仕事どちらもこなす女性が増え、生活スタイルだけでなく、運動不足や、睡眠不足などによる代謝不良、ターンオーバーの大きな乱れが出てきます。

 

また、この年代に多いのは、自分のためにスキンケアにかける時間やコストが十分にかけられない事で、リフトケアを断念してしまう事でしょう。

 

20代ではすぐに解消していた乾燥じわも、この年代では老化ジワに変化してしまう油断ならない時期といえるでしょう。リフトアップ専用の化粧品を使い始める時期でしょう。

50代〜編

最終的に老化を感じる時期は、50代〜です。女性の肌と深い関係にある性ホルモンの影響が、落ちつき、肌は乾燥から深いシワ、たるみ、ひどい人では、フェイスラインの歪みまで生じ、美容外科のお世話になる人までいるくらいなのです。

 

こうしてみると、30代〜40代で、しっかりとリフトケアをしなければ、後々、老化まっしぐらという女性にとっては残念な事が起こりうるのです。

水分摂取を心がける

顔の老化を感じたら、肌の乾燥、体全体の水分不足を疑いましょう。

 

体に水分が不足していると、顔の水分も同じように不足して、乾燥肌になっています。

 

肌にとって、乾燥している状態は、外部刺激に対して無防備な状態になっていて、老化の原因となる外部刺激をまともに受けてしまうことになってしまいます。

 

また、乾燥状態が長く続くことによって、しわやたるみが深刻になります。

 

しわやたるみは進行するほど、元に戻しにくくなってしまうため、乾燥状態が進行しないように、体内の水分を確保するように心がけましょう。

 

一日の水分量が不足しないよう、こまめに水分補給をして、顔の老化を防止しましょう。

アンチエイジング対策の水

水道水の水で、体を潤すのも問題ないのですが、最近は、成分などから肌にも良いとされる水があります。

 

たとえば、ミネラルたっぷりのミネラルウォーターも、肌にはとても良いのですが、通常の水には含有されていない水素水などもしわや、たるみの原因となる活性酵素を除去する働きがあります。

 

こうした肌に良い効果をもたらすと言われるお水をしっかり飲みつつ、アンチエイジングのスキンケアも両立させることが大切です。

食事の際の咀嚼回数を増やしたり、顔エクササイズで表情筋を鍛える

顔が老化する原因は、年齢や生活スタイルの変化などによる、顔の筋肉、いわゆる表情筋の弱体化によっても起こります。

 

表情筋が衰え、顔の皮膚や脂肪、組織を維持することができなくなり、重力に負けて落ちるようになると、顔が老化して、老けたような印象になります。

 

この表情筋の衰えによる顔の老化を防止するため、普段から表情筋を鍛える事に気をつけて過ごしてみましょう。

 

食事の際に咀嚼の回数を増やす、噛み応えのあるものを食べるようにする、最近注目を集めている顔のエクササイズも効果的です。

 

顔の表情豊かに過ごすことでも、表情筋を動かし、鍛えることにつながります。

 

毎日使う表情筋の活躍回数をふやし、顔の老化を食い止めましょう。

 

最近は、昔よりも固い食べ物を食べなくなりました。固い食材もスルメくらいなどしか思いつかないでしょう。そんな時はガムなどを噛んで、口周りの筋肉をしっかり鍛え引き締めることが大切です。

敏感肌の人は顔の老化がすすみやすい!

アトピー性皮膚炎や、アレルギー肌の人は、元々、バリア効果が弱く、紫外線をはじめとした外的物質を入れ込みやすくなります。

 

そしてその無防備な状態に紫外線が入り込めば、はりや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンが弱くなり、老化を進行させてしまうでしょう。

 

こうした肌の弱い人は、スキンケアの幅もせまくなりやすくなります。自分が使いたいリフトケアを使えない状態になります。

 

ですから、敏感肌とよばれる人ほど、スキンケアにおけるバリア機能を整える事が重要で、成分に不安があるならば、敏感肌用、低刺激、オーガニックなどでセレクトしてみると良いでしょう。

 

また、乾燥肌の人も同じ事が言えるため、自分の肌質をしっかり把握したうえで、決してスキンケアを怠る事のないようにしましょう。

特に老化しやすい顔のパーツとは?

顔の中でも、老化を際立たせてしまうパーツがあります。

 

特に目元のちりめんジワや口元のほうれいせんはその象徴となるでしょう。

 

目元は、皮膚が薄く水分蒸発がおきやすいですし、よく動く部位でもあります。

 

口元のほうれいせんは、年齢を重ねて気むずかしくなっていく性格を表しているかのようです。

 

顔の老化と聞かれて、ほとんどの人は、目元や口元のしわやたるみをあげる人が多いのも現実です。

 

これらの部位に特化したリフトケアができると良いですね。

適度な運動をして新陳代謝をアップさせる

顔が老化する要因として、しっかりと肌のターンオーバーがされていないということもあるでしょう。

 

肌は一定のサイクルでターンオーバーをくり返し、そのターンオーバーによって、新しい細胞が作られ、肌の生まれ変わりがなされます。

 

このターンオーバーがうまくいかない要因は、体の新陳代謝が落ちていることです。

 

体が活発に活動をしていなければ、代謝が向上しません。

 

代謝アップするには、普段の適度な運動が最も効果的です。

 

日常のちょっとした動きを、普段より少しだけ負荷をかける、エレベーターなどを使わず階段を使う、一駅分歩くなど、本当にちょっとした運動で、体の代謝を大幅にアップさせることができます。

 

日常的にこのような簡単な運動を取り入れるだけで、体全体の代謝を向上させ、肌のターンオーバーを促し、そして顔の老化を防止することができるのです。

まとめ

日常生活で上記のような事に気をつけながら、ぜひ行ってほしいのが、やはりスキンケアという大切で最も効果的な方法です。

 

スキンケアに使う化粧品や美容液の成分としては、リフトアップなどの肌のハリや弾力を取り戻すことができるもの、アンチエイジングなどの年齢に負けない肌を作る事ができるようなもの、そしてこのような商品を継続して利用しながらスキンケアを充実させることです。

 

顔の老化を防止するためには、良質な化粧品や乳液を使い、長く継続した努力が必要となるのです。

 

美魔女の道もそう遠くはないでしょう。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう