水泳で顔たるみを取る!

水泳で顔たるみを取る!

 

顔のたるみをコンプレックスに感じている物の、どうやって解消すれば良いかわからないという方は少なくありません。

 

実は、近年注目されているのは、“水泳”で顔のたるみを取る方法です。

 

水泳でなぜ顔のたるみを取る事が出来るのは、方法と合わせてご説明します。

水泳で顔のたるみが取れるのはなぜ?

水泳を行ったという方の多くが、顔のたるみがどんどん無くなっていったと実感しているとのことですが、その理由は、水泳をすることで起るこれらが理由と考えられています。

運動不足解消による血流改善

水泳は他の運動方法に比べると、体に大きな負担をかけることないものの、カロリーの消費量が高い、有酸素運動が出来る方法です。

 

定期的に運動をするためにはもってこいの運動方法として、ダイエットでも良く利用されていますよね。

 

その結果、同じ運動時間でも運動不足を解消することが出来、運動不足が解消された結果、血流が良くなって、顔のたるみが無くなるという方が多いのが一つの理由としてあげられます。

肩こりなどの体のコリ解消による血流改善

クロールなどで泳ぐ際は特に、水中で激しく肩を回す運動を行いますので、続けて行うことで肩こりが解消されていきます。

 

また、平泳ぎやバタフライなどでも、それぞれ体中に色々な部位が使われ、体のコリがほぐされていきますので、体のコリによる血流の悪化を、無理せず改善していくことが出来ます。

 

血流が改善した結果、顔のたるみを徐々に解消していくことが可能になります。

冷え症改善による血流改善

意外かもしれませんが、水泳は実は、冷え症改善にもってこいの運動方法としても知られています。

 

水中の中では水圧がかかるため、水圧によって血流が促進された結果、冷え症を改善する働きが期待できるのです。

 

その結果、顔のたるみを徐々に改善していく効果が期待できるでしょう。

表情筋を大きく使うことによるたるみ改善

水泳の際には当然ですが、呼吸を大きく吸ったり吐いたりする運動が繰り返し行われます。

 

この呼吸の繰り返しは実は、表情筋が強く刺激され、表情筋トレーニングにはもってこいと言われています。

 

水泳を行うことで、無意識のうちに表情筋のトレーニングが出来る結果、顔のたるみを改善することが出来ると言えるでしょう。

 

また、水中で顔を激しく動かしている為、肌の乾燥を気にすることなく表情筋のトレーニングをすることが出来るのも、大きな魅力の一つと言えます。

水泳で顔のたるみを取る方法とは?

水泳で顔たるみを取る!

 

水泳をして顔のたるみを取るためには、いくつかのポイントがあります。

 

水泳を行う際には、このようなことを心がけて行ってみて下さい。

準備体操をきちんと行う

久しぶりに水泳をやるという方は特に、しっかりと準備体操を行ってから水泳を開始するように心がけましょう。

 

特に、首回り、腕回り、太もも、ふくらはぎ、足の裏などがつり易いポイントですので、入念にウォームアップをしておくことが大切です。

温水プールでも可

余り冷たいプールですと、内臓に負担がかかる場合もありますので、温水プールで水泳を楽しんでも構いません。

 

温水プールは普通のプールに比べて脱水症状になりやすいので、こまめに水分を取りましょう。

泳ぐ際には少しきついくらいの泳ぎ方で

日頃運動をしないという方や、水泳が久しぶりという方は別ですが、日頃から運動をするという方や、体力に自信があるという方は、出来るだけ、少し自分に厳しいと感じる方法で泳ぐように心がけましょう。

 

ダラダラと力を抜いて、細かく休憩を挟みながら泳いでも、確かにある程度の効果はありますが、より早く、的確な効果を実感するためには、少しキツイと感じるレベルで、しっかりと水泳をするのが一番です。

クロールやバタフライがオススメ

泳ぎ方は、クロールやバタフライなど、肩や首回りのコリが解消しやすい泳ぎ方をすることをオススメします。

 

可能であれば、クロールを中心に、バタフライ、平泳ぎなど、バランスよく色々な泳ぎを取り入れることで、体中のコリがほぐれやすくなりますのでオススメです。

 

体中をしっかりと使うように泳ぐことで、血流が改善しやすくなりますので、泳ぐフォームをしっかりと見直すように心がけてみて下さい。

長距離をじっくり泳ぐ

水泳でたるみを改善するコツは、“長距離をじっくり丁寧に泳ぐ”ことです。

 

短距離水泳のように短時間で一気に泳ぐというよりも、時間がかかっても、丁寧に、長距離を泳ぐという事を心がけましょう。

水泳後は必ずスキンケアを!

水泳中は水の中に使っているため肌が潤っている状態ですが、水泳終了後、そのまま放置してしまうと、肌が乾燥してしまい、返ってたるみが悪化してしまうこともあります。

 

水泳後はそのままにせずに、必ずスキンケアをセットで行うことが大切です。

無理の無い範囲で適度に休憩を挟んで

ダイエットは、定期的に何かをやり続けるという事が大切です。

 

水泳であまり体に負担をかけてしまうと、三日坊主で終わってしまう可能性もありますので、あくまで無理の無い範囲で、適度に休憩を入れながら行うことが大切です。

顔のたるみは放置するとどんどん悪化してしまう?!

顔のたるみは年齢と共にどんどん悪化してしまい、放置してしまうと、フェイスラインがどんどんぼやけて行ってしまいます。

 

出来るだけ早めにリフトアップ効果のある運動やケアを行うようにすることで、たるみを防止するだけではなく、様々なアンチエイジングに効果的だと言えるでしょう。

 

老化防止をするためには、極力早め早めにケアをすることが大切です。

 

水泳でケアをすることはもちろんですが、合わせて、日頃のトレーニングやスキンケアでたるみケアをすることで、より大きな効果を得ることが出来ますよ!

 

水泳以外でもリフトアップケアをしたいという方は、リフトアップ化粧品がオススメです。

 

水泳で顔たるみを取る!