口元の気になるしわ、どうしたら改善できるのでしょうか

口元の気になるしわ、どうしたら改善できるのでしょうか

 

口元にできるしわ、顔全体の印象を老けて見せてしまい、実年齢よりも上に見られてしまう原因になります。

 

また、疲れた表情に見られるのも、この口元のしわのデメリットであり、口元のしわを改善することは、顔の印象を若々しくして、活力あふれる明るいイメージにつなげることができます。

口元のしわができてしまう原因

では、口元のしわはどのような過程を経てできてしまうのでしょうか。

乾燥によるしわ

ちりめんじわとも呼ばれる、口元の細かいしわは、皮膚が乾燥することでできてしまいます。

 

その乾燥状態が続くと、しわは皮膚の上で形状記憶され、だんだんと濃くなっていってしまうので注意が必要です。

 

気になるちりめんじわ消せる方法はあるの?対処方法のまとめ

表情筋によるしわ

口元のいつも同じところにしわが寄ることで長い間にできてくるしわです。

 

ほうれい線などがこのしわに当てはまりますが、肌の弾力やハリがある場合、あまり目立たなくすることができます。

筋肉の老化に伴うしわ

加齢や、無表情などによって、顔にある表情筋が衰え、または老化してしわになります。

 

表情筋は普段から表情を表すことで鍛えられるものですが、この表情筋は、加齢や動かさないことによって、どんどん退化し、しわとなって表れてしまいます。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

口元のしわができやすい人はこんな人!

口元のしわは、生活習慣やその人の癖なども関係します。

 

自分では気にした事もない、顔の動きが日々重なる事でいつの間にか、顔の中で、最も印象を決める口元のしわとして刻まれてしまうことがあるのです。

 

口元のしわリスクが高い人は以下にあげる人達です。

喫煙をする人

喫煙する人は、タバコをすったり吐いたりする時に口をすぼめます。

 

これを何回も続けることで、表情ジワとして刻まれ、口周りが梅干しジワのようになるでしょう。

 

1日に何本も吸うようなヘビースモーカーであればあるほど、口元の梅干しジワリスクは高まります。

 

明らかに喫煙が原因の口周りのしわならば、本数を減らしたり、すった後に、口周りの筋肉を鍛えるべくストレッチをしたりしましょう。

口呼吸をする人

知らず知らずに口呼吸をする人は要注意です。

 

口をポカンと開けていると、口の筋肉がゆるみ、口周りはたるみが生じやすくなるのです。

 

また、口呼吸は、しわやたるみだけでなく、口臭やドライマウスの原因にもなりますから、なるべくならば、鼻呼吸をするように意識したいものです。

噛み合わせが悪い、歯ぎしりをする人

歯の噛み合わせが悪い人や、歯ぎしりをする人は、どちらかに口の動きがかたよったり、同じ口の動作を長時間していたりする事から、知らず知らずのうちに、口周りにしわができやすくなるでしょう。

 

特に、歯ぎしりの場合は、睡眠中に生じる現象で、自分の意志とは無関係です。

 

対処するとすれば、マウスピースで矯正するなどしましょう。

 

また、歯ぎしりはストレスも関係しているため、自分なりのストレス解消も大切です。

 

これら口腔内の不都合が治れば、次第に口周りのしわリスクは低くなります。

 

また、食べる時や、話をする時なども左右どちらかの口元に力をかけているケースもあるため、意識する事でシワの対処はできるはずです。

口元のしわを改善する方法

口元にできるさまざまな種類のしわ、いったいどうしたら改善することができるのでしょうか。

保湿、保水に心がける

しわの大敵は乾燥です。口元のしわは、肌が乾燥することでより深刻になっていきますから、そうなる前に肌の保湿が重要になってきます。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどが配合されたスキンケア商品を活用するのが非常に効果的です。

 

しわをのばして有効成分をしっかりとしわの間まで浸透させ、しわを真皮の部分から保湿することで、口元のしわを改善することにつながります。

 

乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ

表情筋や口元の筋肉を鍛える

しわと表情をつかさどる筋肉には深い関係があります。

 

普段から表情豊かに過ごすことはもちろんですが、表情筋を顔の筋肉を鍛える顔エクササイズを行ったり、よく噛んで食べる、咀嚼回数を増やすというのも効果的です。

ツボ刺激を取り入れたほうれい線マッサージ

口周りのしわの王道といえば、ほうれいせんでしょう。「ハ」の字に刻まれたしわは、実年齢よりも3?5歳は老けて見られるのです。

 

まずは、この厄介なホウレイセンを緩和させるマッサージをしましょう。

 

頬骨の下にある「こりょう」というツボを刺激しながら行うと効果的です。

 

5秒ほどゆっくり押しながらリンパの流れに沿ってマッサージしていくだけです。

肌のたるみを予防する

しわは肌のたるみを改善することでより効果的に改善することができるといえます。

 

肌にハリがあれば、しわになる事もありませんし、できてしまったしわを伸ばすこともできます。

 

肌のたるみ対策としては、やはり乾燥を予防するのと同様に、スキンケア、保湿、ターンオーバーの正常化、アンチエイジングやリフトアップの効果がある化粧品や商品を活用するのが最適です。

 

ショック!ふと鏡見たら、あら?頬がたるんでる?!リフトアップのまとめ

口元のしわ対策となるグッズ

口元は、乾燥じわ、表情ジワの段階ならば、保湿をすることによって改善の見込みは高いです。

 

今まで、スキンケアのお話ばかりでしたが、実は最近、マスク美容とも呼ばれるほど、風邪対策として使用する使い捨てマスクの保湿効果が注目を浴びています。

 

マスクといえば、感染症、花粉症対策としてのイメージが強いのですが、口周りの乾燥を防いで保湿してくれる効果があるため、口周りのしわ対策になるでしょう。

 

もちろんスキンケアでの保湿は必須ですよ。

口元のしわを目立たなくするメイク方法とは?

ファンデーションは少なめにつける!

口元のしわケアをしていても、しっかり改善されるまでは、メイクに頼りましょう。

 

とはいっても、メイクでごまかすというよりは、引き算メイクというスタイルをとります。

 

口元のしわが気になる人は、ファンデーションで隠そうとする心理が働くため、厚づきにつけてしまう傾向があります。

 

ファンデーションを多く重ねたところがよれますから、ファンデーションの量は極力少なめにつけて、つけたら、「ぼかす」をくりかえします。

 

そして何と言っても、ファンデーションをつける前は、保湿をしっかりしてスキンケアとファンデ下地をつける間は最低でも5分はあけて、ハンドプレスしておく事がポイントなのです。

 

朝の忙しい時間ですから、ついついスキンケアの後に、テンポよく下地、ファンデという流れでつけてしまいやすいですが、ここの部分は手を抜かないようにしたいものです。

 

また、ファンデーションは高く見せたい部位にたっぷりつけ、あとは放射線状にのばしてぼかすと、立体感やハリ感が出て若々しく仕上がります。

 

一方で、顔全体に均一につけるつけかたは、平面になり老けてみえてしまいます。

 

ほうれい線をメイクで隠す方法

パール感ではなくツヤ感のある口元を

口元のしわにより、老けてみられるかもしれないという不安から、華やかな口元にしようと、パール感のある口紅やグロスをつけてはいないでしょうか?

 

これはなるべく控えた方が良いでしょう。

 

口元の老いにツヤ感は欲しいところですが、パール感をのせてしまうと、くすみ感が強く出て老けて見えます。

 

また、口元の乾燥をほうっておけば、リップをつける時に、滲みやすくなり、余計に老けメイクを助長させます。

 

口元専用のコンシーラーで輪郭のぼやけや、くすみをカバーしてから口紅をつけると、発色もよく、口元がキリッと引き締まりますよ。

 

その際、リップクリームでの保湿はしっかりしておきたいものです。

まとめ

女性にとって、口元のしわは表情を決定つけるうえで非常に重要な部分であり、口元のしわを改善するだけで、美しさがワンランクアップするといっても過言ではありません。

 

普段からリフトアップ、アンチエイジング、保湿などのスキンケアにつとめ、口元のしわができにくい肌の状態を作りだしておきましょう。

 

また、こうしたスキンケアと併用して行いたいのが、口元のしわを目立たなくするメイクです。しっかり身につけて、トータルでしわを緩和させることが理想です。

 

口元にできるしわを許さない、そのためには、有効成分がぎっしり詰まった化粧品を厳選して、継続したスキンケアをしていくことが大切です。

 

そうすれば自然にメイクも映えてきます。

 

リフトアップ化粧品を利用して、シワのない口元を取り戻しましょう。

 

口元の気になるしわ、どうしたら改善できるのでしょうか