気になる目尻のシワが!ファンデーションが溜まってる時も!どうしたらいいの?!

気になる目尻のシワが!ファンデーションが溜まってる時も!どうしたらいいの?!

 

鏡を見るたびにシワチェックをしたいわけではなくても、目尻のシワが深く刻まれると老けて見られるので、何とか解消したいとお思いの方は少なくないです。

 

シワ対策に大切なのは速攻対処ですが、具体的な対処法をこちらではお伝えしていきます。

目尻のシワとはいっても種類がある?

乾燥ジワ

乾燥によりシワになることがあります。

 

肌の表面がカサカサしていて、細かいシワになります。

 

乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ

表情ジワ

笑うとできるシワのことで真顔になると消えるシワです。

 

表情豊かによく笑う方ができやすい目尻のシワになります。

加齢ジワ

肌の老化によりできてしまうシワのことで、真顔になっても消えないのが加齢ジワです。

 

顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう

 

それぞれのシワによりケアの方法も違ってきますので、シワの種類に適した対策をするようにしましょう。

目尻のシワができる原因

目の周りは皮膚が薄く、皮脂腺も少ないことから乾燥しやすくシワのできやすい部分です。

 

また、顔の中でも1番使う筋肉でもあります。

 

乾燥による保湿が不足するとしわになってしまいます。

刺激のあるシワ改善グッズにも注意!

またデリケートな目元なので、美顔ローラーは刺激になる場合もあり、逆効果になる場合もあります。

 

ローラーは、頬や額などのシワやたるみ面積が広い範囲になら効果的ですが、面積の狭い部位や皮膚が薄い部位には、使用する事も難しく、刺激を与えてしまいかねません。

 

皮膚が薄いので、擦ったりの摩擦によってもシワを増やしてしまいがちです。

紫外線がシワを深くさせる!

肌へのダメージの1番の原因の紫外線によるものも原因の1つといえます。

 

紫外線は肌を黒くしたり、シミそばかすを増やしたりする要因というイメージがあるため、シワ予防としての役割を忘れがちです。

 

今一度、紫外線とシワの関係を認識し、日焼け止めの使い方を再確認しましょう。

 

ちなみに、目尻のシワならば、目尻部位に重ねづけをする事を忘れないようにしましょう。

喫煙による活性酵素増加

喫煙によるものも原因ともなります。

 

タバコは身体の中のビタミンCを壊してしまいます。

 

美肌の原料のビタミンC不足はシワの原因ともなります。

 

さらにタバコは活性酸素を体内で増やしてしまいますので、老化を加速させてしまいます。

他にもある!目尻シワの要因

血行不良や睡眠不足、加齢による筋肉の低下も原因になります。

 

日々のスキンケアも間違ったケアによっては保湿が不足し、乾燥してしまいシワの原因ともなります。

 

また、忘れてならないのが、ストレスを溜め込む事も活性酵素を増やし、老化の原因となるでしょう。

 

目元のハリを取り戻したい!目元のハリの原因と対策法は?

目尻のシワの自宅で簡単ケア

ツボ押し

眼精疲労や血行促進効果も期待できます。

 

少しの間でそしてながらでもできるので、ツボ押しはオススメです。

球後(きゅうご)

下まぶたの真ん中で、目尻の間のくぼみ

攅竹(さんちく)

眉間よりの眉毛の始まる部分の下にあるくぼみ

太陽

こめかみ部分
優しく5?6回息を吐きながら押します。

マッサージ

血行促進が期待できます。

 

またマッサージはクレンジングと洗顔では落とせない毛穴の汚れも取ってくれるので、効果的です。

 

ビタミンEや保湿成分の配合されたマッサージ美容液などを利用すると、相乗効果がさらに期待できて、マッサージの精度は上がります。

 

バスタイム中の血行が高まっている時間帯に実践するのが理想的です。

 

マッサージ後のスキンケアの浸透率に違いがあるのが一目瞭然でわかるでしょう。

 

目尻のシワ解消マッサージとしましては、目尻からまぶた、目頭下、目尻と目の周りをクルクル優しく指を回します。

 

目尻部分は指を上下に動かしながら斜め上方向にあるこめかみへ。

 

ツボ押しと合わせて行うのもオススメです。

ライフスタイルの中で

睡眠不足は肌の新陳代謝の原因ともなりますので、5〜6時間はしっかり睡眠をとることが大切です。

 

また紫外線は直接肌へのダメージとなりシワをさらに深めてしまいます。

 

UVケアは必要です。クリームでのケアも大切ですが、紫外線をもっとカットするのであれば紫外線カットレンズのメガネの使用もオススメです。

 

できるだけレンズの大き目のものを選ぶと目をしっかり覆ってくれるので安心です。

 

これ以上に目尻のシワを悪化させないためにも長時間連続してパソコンやスマートフォンを酷使すると眼精疲労によりシワを増やします。

 

数時間ごとに休憩したり、ツボ押しなどでリフレッシュすることも大切です。

 

目の下のしわとたるみ解消するには?

メイク落としとにも注意が必要!

メイクを落とす際にもゴシゴシ擦るとシワになってしまいますので、丁寧に落としましょう。

 

また、摩擦の少ない刺激のないタイプのクレンジングが理想的です。

 

無添加、低刺激タイプのクレンジングを使用すると目尻にも刺激を与えずにすむでしょう。

落ちにくいアイメイクはポイントメイクリムーバーを!

最近は、若い人を中心に落ちにくいウォータープルーフメイクが主流になりつつあります。

 

特に、マスカラやアイライナーなどが落ちにくいものが多いため、色素沈着しないようにゴシゴシ擦るクレンジングをしてしまう事は検討がつきます。

 

目元のクレンジングは必須ですが、ポイントメイクリムーバーなどを使用した方が良いでしょう。

 

ポイントメイクリムーバーは、オイルクレンジングよりも、少々濃度の高いものですが、コットンに少量含ませて軽い力で拭き取るだけで落ちにくいアイメイクを落とせてしまうのです。

 

まさに摩擦とは無縁のケアとなるため、目尻のシワが気になる人は積極的に使用してみましょう。

保湿重視のスキンケア!

しっかりと汚れを落としたら保湿効果の高い化粧品で、潤いを与えます。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿性の高い成分配合化粧品が必須となりますが、浸透技術にもこだわりましょう。

 

いくら成果の高い保湿有効成分だとしても浸透性が良くなければ、宝の持ち腐れのようなもので、目尻のシワ改善がイマイチ実感できません。

 

毎日美肌効果やエイジングケアが期待できるスキンケアをするとシワの悪化も防げ、ハリのある肌へ導きます。

 

今ある目尻のシワだけでなく、シワ予備軍と言われる細かなシワにも予防効果が期待できるでしょう。

 

コラーゲンってどんな成分?リフトアップにもたらす効果

目尻のシワを目立ちにくくするメイク方法

目尻のシワケアと並行して実践したいのが、目尻のシワ対策メイクです。

 

目は第一印象に留まりやすい、貴重なパーツだすから、メイクの仕方を間違えると、余計に目尻シワを目立ちやすくさせてしまうでしょう。

 

以下の点に注意して、朝のメイクをちょっぴり工夫してみてください。

スキンケアはしっかり馴染ませる

メイクをするときは、スキンケアでしっかり土台作りをしなければ、綺麗にファンデーションがつきません。

 

化粧水や乳液をつけた後は、しっかりと肌に吸いつかせるように馴染ませましょう。

 

ハンドプレスといって、手のひらの体温で優しく押すような感じにすればば、急いでいる朝でも早めになじませる事ができるでしょう。

下地は少なめに

下地をつければ、しわやシミがある程度はカバーできると思いがちですね。
逆にその考え方が逆効果になります。

 

下地は、顔全体に薄くのばしたら、その余りを目尻につければOKです。

 

量を多くつけてしまうと、その分よれやすくて、目尻シワがとても目立ちやすくなるのです。

油分の多すぎる下地は使わない

乾燥からくる目尻シワは、油分のある下地を使ってしっとりさせたいと思いがちですが、油分量が多めだと、これも、よれの原因になります。

 

なるべくなら、油分量を控えたものを目尻につけると良いですね。

 

コスト的に余裕があるならば、目尻はさらさらしているもの、?などには、保湿の高いものを使い分けるなどしても良いでしょう。

ファンデーションの量も少なめに

下地もファンデーションと同じように少しの量を数回分けてつけていきます。

 

ファンデーションは、油分量を控えたものを、トントンとおく感じで、擦らないようにつけていきましょう。

スポンジを上手に使って!

最後に、ファンデーションのスポンジを使って仕上げていきます。

 

スポンジの先端を目尻に合わせて軽い力でたたくようにつけていくのが理想です。

フェイスパウダーをマメに利用

お直しは、ファンデーションよりも粒子の細かいフェイスパウダーでマメにすると、密着性もよく、よれません。化粧直しを頻繁にする人は、フェイスパウダーを利用します。

 

汗を吸収したり、キメを整える効果も期待できます。

他のパーツに気をひかせる裏技効果!

目元にインパクトを出すメイクをしてしまえば、どうしても目尻のシワに目線がいってしまいます。

 

目尻から相手の目線をそらす目的で、口元の口紅や、頬のチークなどにインパクトを置くと良いでしょう。

まとめ

目尻のシワは、カラスの足跡と呼ばれるように、簡単にできやすいシワです。

 

乾燥ジワの時点で改善してしまえば、深い老化ジワになるのは防げるでしょう。

 

保湿重視のケアと、しわ、たるみ改善化粧品をしっかり使いこなしましょう。

 

気になる目尻のシワが!ファンデーションが溜まってる時も!どうしたらいいの?!