目元のハリを取り戻したい!目元のハリの原因と対策法は?

目元のハリを取り戻したい!目元のハリの原因と対策法は?

 

年齢が進むとともに気になる顔のしわやたるみ、特に女性は目元の美しさにこだわる人が多いため、加齢や乾燥菜もとになる目元のハリが特に気になる人が多くなっています。

 

目元の印象は、ふっくらとハリがあれば若々しく、しわが目立ち、たるみやくすみ、くぼみが顕著な場合、老けた印象に見られてしまいます。

 

目元は、第一印象を大きく決定づける顔のパーツだといってもよく、目元のハリを保つことは非常に重要になってくるのです。

どうして目元にハリがなくなるの?

では、目元のハリはどうして失われていってしまうのでしょうか。

 

まず、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸不足ということが大きな要因である事が多くなっています。

 

さらに年齢を重ねるごとに衰えてくる表情筋にも、目元のはりが失う原因があるといえます。表情筋が弱まることで、顔の皮膚や筋肉、脂肪などを支えられなくなり、たるみが生じるのです。

 

そして、目元の皮膚は、顔のほかの部分の皮膚に比べて非常に薄く、ダメージや外部刺激に対してかなり弱いところだといってよいでしょう。

 

これらの要因が何重にも重なり、長い年月をかけてじわじわと目元のハリを失う、肌の老化や細胞の劣化が進行していくのです。

目元にハリを取り戻すにはどうしたらいいの?

目元のハリ、ふっくらとした目元を取り戻すにはどうしたらよいのでしょうか。

 

方法としてはいくつかあります。普段から実践することで、ぱっと明るい目元を取り戻すことができますから、以下の方法をしっかりと実践して、明るく爽やかな、魅力的な目元を取り戻してください。

目元のハリを取り戻す目元エクササイズやマッサージ

まずは、目元のハリを取り戻すため、表情筋を鍛えることを普段から心がけましょう。

 

洗顔後、入浴後など、スキンケアをするタイミングで目元エクササイズやマッサージを実践するとより効果的でしょう。

 

アイクリームやオイルを使って、まぶたの上や目じり、眉周辺などをマッサージします。血行が促進されてきたと感じられるように、優しくマッサージすることが大切です。

 

さらに目を大きく見開いたり、ギュッと閉じたり、眉を吊り上げたりするなど、目の周りの筋肉を意識して、その筋肉を使うような目元の動き、表情をつくるなどの方法を実践してください。

 

いままであまり使われていなかったような目元の筋肉が動かされ、やがて目元のハリに貢献するようになるでしょう。

目元専用のシートパック

目の下の形状に合わせて作られた専用のシートパックがあります。

 

目の形はカーブ状になっているため、スキンケアをする時に困難な部位でもありますね。

 

そんな時こそ、目の下にダイレクトに潤いを与えることができるシートパックは重宝します。

 

成分は、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが殆どですが10分くらいつけておくタイプや、寝る前につけて睡眠してしまうというタイプのものなどがあります。

 

いずれにしても、懸念される点は、薄くてデリケートな目の下にシートパックの成分が強くないか、肌荒れしないかなどを十分考慮する事です。

目元にコットンパック

市販のシートパックを使うのが難しい場合、自宅で使用しているコットンに化粧水や美容液などを含ませて、目元に数分パックする事もできます。

 

風呂上がりに、顔全体を化粧水で潤わせたら、その後に数分間、化粧水をしみこませたコットンを目元を覆うようにのせるだけの簡単なステップです。

毎日の目元ケアでたるみ知らず、リフトアップやアンチエイジング効果のある化粧品を愛用すること

やはり何といっても、目元のハリを維持する、改善するために必要不可欠なのが、保湿やリフトアップ、アンチエイジングやハリ、ツヤなどに効果のあるスキンケア商品を継続して使用することだといえるでしょう。

 

次にご説明する成分のところでは、自分の目元のたるみにはどのような成分が合いそうかを検討しながらセレクトしたいものです。

目もとのハリケアにぴったりの専用ケア、どんな成分配合が理想か?

目元のハリには、他の部位とも 共通するケア成分が必要と成ります。

 

以下にあげられるのは、たるみ、はりを改善させる目的のある成分ばかりですが、目元のたるみにはこれらのケアも共通です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、潤いの宝庫です。

 

良く動かす部位の目元が、水分蒸散が起こりやすく、潤い不足となります。

 

他の部位よりも水分を逃しやすくする原因は皮膚の薄さにもあるため、とにかく少ない水分を取り戻すためには、ヒアルロン酸のような成分でダイレクトな水分補填をしましょう。

コラーゲン・エラスチン

真皮層内で弾力を保つ事ができるのは、正常なコラーゲンやエラスチンのおかげです。

 

この部分が紫外線や加齢で破壊されてしまうと、目の下のたるみはかなり目立ちやすくなるでしょう。

 

破壊され、弾力を失ったコラーゲンやエラスチンは、なかなか元に戻すのは容易ではありません。こうしたコラーゲン、エラスチン入り化粧品によるヘルプが必須といえます。

コエンザイムQ10

アンチエイジングブームの中、すべての細胞膜に存在する抗酸化が期待できるビタミン様物質です。

 

人間の体内では20歳をピークにどんどん減少し、40歳くらいになると、ほぼ不足状態になるでしょう。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンと同じような減少傾向にあります。

 

ですが、不安定な物質である事から、安定性のあるビタミンEなどが配合された商品と配合されているものをセレクトするなどしましょう。

レチノール

肌の浸透力に長けていて、ターンオーバーのリズムを整えるビタミンAに属する成分です。

 

ピーリング効果も期待できるため、一番上部の角質層だけでなく、真皮層にまで到達し、コラーゲンやエラスチンのサポートをしてくれるでしょう。

 

気になる点はレチノールの濃度が高めだと、肌に刺激を及ぼすため、肌が弱く、不安を感じている場合は、低い濃度のレチノールから試してみましょう。

 

他にも、アンチエイジングに有効的なローヤルゼリーや、保湿オイル成分、和漢エキスなどが配合されているケースもあります。

 

こうして、目の下のたるみに効果的な成分は多数ありますが、どの商品を見ても、成分単体という事ではなく、いくつかの有効成分が組み合わされているものが殆どです。

 

そうであれば、相乗効果として、目の下のハリを回復する事も期待できます。

肌が弱くても目の下のたるみケアは必要?

肌が弱いと、有効成分が合わなかったりするために、使用する成分も限られてくるでしょう。

 

ですが、皮膚の弱い人ほど、外部刺激を受けやすく真皮層にまで影響を及ぼしやすくなります。

 

ですから、肌の弱い人ほどスキンケアを充実させる必要があるのです。

 

敏感肌でも、使えそうな無添加系や敏感肌用タイプなどを使って、たるみを緩和していきましょう。

目元だけでなく顔全体にアプローチできるスキンケアを!

目元がたるんでいるという事は、すでに顔全体もたるみが生じていると思いましょう。

 

コラーゲンやエラスチンなどは一箇所だけのつながりではなく、顔全体を網のように張り巡らせて繋がっているため、目元だけの部分補習的なスキンケアでは満足な効果を得る事ができません。

目もとのたるみが改善されて良い点とは?

目もとのたるみが改善されはじめると次のようなメリットも得られます。

  • たるみにより影になっていた部分がなくなり、目の周りが明るくなる
  • 疲れた印象がなくなり、健康的に見える
  • アイメイクが楽しくなる
  • メイクコーディネート全体にバランスがとれて美しく仕上がる
  • 若々しさが芽生える
  • キリッとした顔つきに近づく
  • 第一印象が良く見えて、就職活動などの面接時にも好印象

まとめ

目もとのたるみは、顔の中で最も目立ちやすい部分ですね。第一印象で目もとを見てしまう人も少なくないはずです。

 

しかも、一度たるんでしまうとどんどん目立ちやすく進行してしまう部位でもあるため、早めのケアがオススメです。

 

こうした、はりやたるみ専用のスキンケアなしに、目元のハリを保ったり、実現したりすることは不可能だと考えてください。

 

こういった化粧品を長く続けること、有効成分を肌に与え続ける努力をすることで、年齢や外部刺激にも負けない、つややかでハリのある目元が実現するのです。

 

目元のハリを取り戻したい!目元のハリの原因と対策法は?