生活習慣の見直しでシワたるみを無くすには?

生活習慣の見直しでシワたるみを無くすには?

 

日頃の生活習慣のたるみは、お顔のシワたるみに繋がる可能性が高くなります。

 

シワたるみを悪化させないためにも、日頃の生活習慣でこのようなことに気を付けてみてください。

睡眠習慣についての見直し

まずお肌にとって非常に大切な生活習慣の部分であるのが、睡眠習慣です。

 

睡眠不足はお肌の天敵と言いますが、この言葉はあながち嘘ではないのです。

 

睡眠が一日平均5時間以下という、明らかに時間が不足している10代の若者と、一日必ず6時間以上睡眠を取るという10代の若者では、その生活を半年も続けるだけで、見た目年齢は5歳〜10歳前後変わってしまう可能性が高いと言われています。

 

シワたるみはもちろんですが、肌のターンオーバーが活性化されにくくなり、肌のトーンのくすみ、シミそばかすの増加、目元のクマ、疲れ目カスミ目などが消えなくなる可能性がありますので、睡眠は必ず毎日、しっかりと取るようにすることが大切だと言えるでしょう。

食生活についての見直し

次に、食生活に関しても、徹底的に見直しを行うことが大切です。

 

具体的には、このような部分で見直しを行いましょう。

油分過多や、塩分過多の食生活は厳禁!

脂っこい食生活や、塩分が過多すぎる食生活はご法度です!

 

こうした食生活は、必要以上に消化に負担を与え、体に負担を与えますので、毎日のように続けてしまうと、老化現象が促進してしまい、肌も老化する可能性が高くなるのです。

 

毎日のようにこうした食生活になってしまわないように、食事をする際には、油分や塩分を摂りすぎないように、バランスを考えた食生活を心がけるようにしましょう。

外食などばかりでも危険!

お手軽に食事を済ませることが出来る外食も、店舗選びを間違えると、老化を促進し、シワたるみの原因に繋がる可能性があります。

 

野菜などをほとんど摂取することが出来ないようなファーストフード店のメニューや、必要以上の合成添加物や着色料を利用しているような店舗などで、毎日のように偏った食生活を続けてしまうと大変危険です。

 

外食をするのは構いませんが、栄養バランスをよく考えることはもちろん、どんな食材が使われているのかなどを考えて、安心して摂取することが出来る食材を食べるように心がけましょう。

栄養バランスが取れている、自炊の食事がおすすめ

食生活を見直すのであれば、一にも二にも、栄養バランスをよく考えて、自分の手で調理をすることが出来る、自炊をすることがおすすめです。

 

ターンオーバーを促進するビタミンやミネラル、必須アミノ酸などの必要成分は、調理方法によっては全て台無しになってしまう可能性もありますので、自分で調理を行った方が、確実に摂取することが出来ると言っても過言ではないでしょう。

 

また、同じ油でも、オリーブオイルやココナッツオイルなどの植物性の油か、バターなどの動物性の油かによっても、肌へかかる負担が全く異なります。

 

ダイエットに関しても大きな違いが表れると言っても過言ではありませんので、オイル選びの際にも、こだわりを持つことが大切だと言えるでしょう。

運動や筋トレについての見直し

生活習慣の見直しには他にも、運動や筋トレなどを行うことが大切です。

 

具体的には、こうした点を見直してみるようにしましょう。

一日一回汗をかく

一日一回汗をかくように心がけないと、塩分が必要以上に体内に蓄積し、血管年齢は老化してしまった結果、肌の老化を進める原因に繋がる場合があります。

 

一日一回は最低限汗をかくほどの運動をするように心がけ、代謝をスムーズにするように促すことが大切です。

 

運動が厳しいというようであれば、サウナなどを利用しても効果的でしょう。

表情筋が最も大切

シワたるみが出来るか出来ないかの非常に大きなポイントとなっていると言っても過言ではないのが、表情筋の鍛え方の違いによるものです。

 

表情筋は使わないとどんどんと衰え、皮ふが重力に逆らえなくなり、気が付いた時にはシワやたるみが出来ていることが多いと言われています。

 

毎日出来るだけ表情筋のトレーニングを行い、お顔の筋肉が衰えないようにケアをすることが大切です。

 

思いっきり大きな口を開けて、あいうえおを言ってみたり、日頃人と話をする際に、出来るだけ表情筋を動かすように心がけて喋ってみたりすることで、お顔のたるみが目立ち始めた方でも、徐々に表情が明るくなってくることが期待できるでしょう。

メイクやスキンケアでの見直し

女性で非常に多いのが、メイクやスキンケアのミスによって発生するシワたるみです。

 

日頃のメイクやスキンケアの際には特に、こうしたことに気を遣うことが大切だと言えるでしょう。

長時間のメイクやりっぱなしはNG!

中には、泊まり込みで仕事をするため、24時間メイクを落とすことが出来ないという方なども居るかもしれませんが、出勤前にしたメイクをそのままつけっぱなしにするのはご法度!

 

ファンデーションやアイメイクなどが皮脂や老廃物と混ざり合うことでデロデロになり、肌に余計な負担を与えてしまっている可能性があります。

 

泊まり込みの仕事の時には必ず一度はメイクを全てオフにする時間を設け、可能であれば、マスクをしたり加湿器を付けたりなどして、一度潤いをしっかり与えて肌を休ませてから、改めて必要に応じてメイクをするべきだと言えるでしょう。

 

どうしても落とすことが出来ないという場合は、肌の様子を見て、余りにも崩れが激しい所は一度全て落とし、改めて最初からやり直すようにしましょう。

肌に合っていない化粧品を利用しない

肌につけた瞬間、少しでも痒みやピリッとした感覚など、不快感がある場合は、化粧品がお肌に合っていない可能性が高いため、すぐに使用を中断することが大切です。

 

無理をしてそのまま利用し続けると、肌に必要以上に負担がかかってしまい、老化現象が進んでしまう可能性があります。

 

化粧品だけではなくスキンケア商品を選ぶ際にも同じことが言えますので、必ずテスターで試してみるか、自分の肌質に合っているであろう商品(敏感肌の方など)を利用することをおすすめします。

洗顔の際にごしごしこすらない!

最もやってしまいやすいミスが、メイク落としや洗顔の際に、ゴシゴシとこすってしまうことです。

 

お顔の肌は非常にデリケートで、目元などは特に非常に皮膚が薄いため、必要以上の強さでごしごしとこすってしまうと、シワやたるみの原因に直結します。

 

必ず洗顔料をたっぷりと泡立てて、お肌に必要以上の負担がかからないように注意を払いましょう。

メイクを付けたまま寝るのはNG!

一説では、メイクを付けたまま一晩ぐっすりと寝てしまった場合、肌は五年分老化すると言われています。

 

それだけ肌に負担がかかる危険な行為ですので、どんなに疲れ切っていても、そのまま寝てしまうことだけは無いように注意しましょう。

 

対策としては、仕事帰りや外出帰りには拭くだけメイク落としなどでメイクを落としてしまって、マスクなどをつけて帰宅するという方法を取ることがおすすめです。

 

また、ベッドサイドにこうした拭くだけシートを置いておくことも効果的です。

生活習慣の見直しと合わせて、ピンポイントケアを行うことも大切!

このように、日頃の生活習慣を見直して適切なケアを行うことで、シワたるみは大幅にケア、予防、改善を行うことが可能になります。

 

日頃の生活習慣を見直すことはもちろん、シワたるみを集中的にケアするためには、リフトアップ化粧品などのポンポイントケア商品を利用することも大切です。

 

ピンポイントケア商品を利用することで、コンプレックスに感じているようなシワたるみの部分を、集中的にケアをすることが出来ますので、継続的に利用をすることで、徐々に症状が改善する可能性が高いと言えるでしょう。

 

生活習慣の見直しに加えて、ピンポイントでリフトアップ化粧品も試してみてください!

 

生活習慣の見直しでシワたるみを無くすには?