生理前後には顔がたるみやすい?生理に伴う顔のたるみの原因と解消方法

多くの女性たちが悩む顔のたるみ、実は生理と大きく関係しているということをご存じでしょうか。

 

生理前後になると顔のたるみが気になるという症状を抱えている人は意外と多く存在しています。

 

生理前になったり、生理中、生理後など、どうして顔がたるむのか、そのメカニズムはどのようになっているのでしょうか。

生理に関係する顔のたるみ、女性ホルモンの影響

毎月一定の周期でやってくる生理、女性ホルモンの働きで出産するために女性の大多数が持ち合わせている体の機能ですが、この生理、実は体のあちこちに大きな影響を及ぼします。

 

生理に伴う顔のたるみもその一つ、生理を誘発する女性ホルモンが関係しています。

コラーゲン生成に女性ホルモンの一つ、エストロゲンが大きく関わっている

生理に伴う顔のたるみには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が深くかかわっています。

 

エストロゲンは、コラーゲンの生成をつかさどり、それを象徴するように、エストロゲンが多く分泌される卵胞期、排卵期には肌の調子がよいという傾向があります。この時期は、エストロゲンが非常に多く分泌され、卵子の成長を促し、排卵までするという役目があるからです。

 

しかし、排卵期を過ぎると、エストロゲンの分泌量が減少して、今度はプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

この、エストロゲンの分泌量が減少することで、コラーゲン生成が活発化できなくなり、生理前の顔のたるみを引き起こしてしまうのです。

エストロゲンの減少によって血流量が減少、それによって肌質もダウン

エストロゲンにはもう一つ、肌の健康や美しさに関して重要な役割があります。

 

エストロゲンは、体内の血流量を増やし、血行を良くする働きがあります。十分な血液が流れることによって、肌の新陳代謝も向上して、ターンオーバーを促進します。

 

ですが、エストロゲンが減少する時期、つまり生理前になると、血流量が減少して、血液の流れが悪くなります。

 

そうなることによって、肌の代謝も落ち、ターンオーバーがうまくいかなくなります。これにより、ますます顔のたるみというトラブルを大きくしてしまうのです。

生理前の顔のたるみ、早めの対処で予防しましょう。

生理前になると、上記のような理由で顔のたるみが出やすくなります。

 

女性ホルモンの分泌量を自分で何とかすることは不可能ですが、何か良い対処方法はないのでしょうか。

 

エストロゲンの働きに着目すれば、その答えが見えてくるかもしれません。

エストロゲンが不足する生理前、豆乳や大豆製品などでエストロゲンに似た働きをゲット

豆乳や豆腐などの原料である大豆には、女性ホルモンであるエストロゲンの働きに似た役割を果たす成分が含まれているということは有名です。

 

女性ホルモンのエストロゲンが分泌されにくいこの時期、これらの食品からエストロゲンの働きをサポートする成分を摂取することで、顔のたるみを改善することができるでしょう。

血流量をアップさせ、老廃物などをため込まない体作りを目指す

また、生理前にエストロゲンの減少によっておこる血流不足も、半身浴や岩盤浴、適度な運動などを取り入れることで、血流をアップさせ、生理前の顔のたるみを予防することができます。

 

生理前になるとむくんでしまう人にもおススメですし、健康にも良いので、生理前に新陳代謝をアップさせるような努力をして、顔のたるみを予防してみましょう。

女性ホルモンの働きがあるスキンケア商品を選ぶ

生理に伴う顔のたるみに効果のあるスキンケアも、生理前の顔のたるみには非常に有効な手段だといえます。

 

昨今、女性ホルモンの働きが解明されるにつれて、その働きが肌の美しさや健康に良い事もわかってきました。

 

こうした女性ホルモンで肌の状態を改善できる効果があるスキンケアは、今現在たくさん発売されていますから、こうしたスキンケアに挑戦してみる物良いでしょう。

 

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌のハリやたるみ、リフトアップやアンチエイジングに着目した化粧品なども非常に有効です。

 

こうした化粧品には、肌にハリやツヤ、潤いを与え、年齢に負けない肌を作りだすための有効成分がぎっしりと詰まっています。

 

このような化粧品は、肌を持ちあげ、ハリや潤いを与え、たるみに負けない肌を作りだしてくれますから、生理前に関わらず、普段から継続して使用することで、生理前でも顔のたるみに負けない強く健康な肌を作っておくことができます。
こうした肌のたるみに特化した化粧品を、常に使っているという人は、生理前の顔のたるみの悩みも少なく、高い効果を自らの肌で証明しているといえるでしょう。

まとめ

生理前になると、顔がたるんで疲れたり老けたりした印象を与えてしまう、こうした悩みを持っている人は、ぜひこれらの対策を実践してみてください。

 

普段の日常生活で女性ホルモンを意識して過ごす、女性ホルモンと似た働きの食品を摂取する、顔のたるみを予防できるスキンケア商品を生理前後はもちろん、普段から使う、こうした努力をすることで、生理前に顔がたるむ事で悩む生活から脱却できます。

 

せっかく女性に生まれたのですから、生理前も生理中も、生理の後も、普段と変わらず、みずみずしく美しい、明るい表情で過ごせるようにしましょう。

 

普段のちょっとした工夫、食事、そしてきわめつけに、たるみ予防のためのスキンケア商品、これであなたも生理に伴う顔のたるみ知らずの、いつもかわらぬ美しさが手に入ります。

 

生理前後には顔がたるみやすい?生理に伴う顔のたるみの原因と解消方法