生理前にほうれい線が目立つようになるわけ、その原因と対策をご紹介

生理前にほうれい線が目立つようになるわけ、その原因と対策をご紹介

 

女性にとって、毎月のように定期的な周期をたどってやってくる生理

 

その生理前になると肌の調子がイマイチだという人が多くなります。

 

生理前になると肌が不調をきたす、ほうれい線が目立つようになり、肌が全体的にたるんだような印象になる事が多いようです。

 

では、生理前にどうしてほうれい線が目立つようになるのか、肌の調子が悪くなるのか、その原因と対策をご紹介します。

女性ホルモンが深く関係

生理前になると女性ホルモンの影響でほうれい線が目立つ要因を作りだします。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、肌のターンオーバーサイクルが乱れます。それによって、新しい細胞が生成される働きが抑制され、肌の新陳代謝が低下、ほうれい線が目立つようになるのです。

生理前のむくみが原因となる

生理前になるとPMSの一つとして、むくみが起こりやすくなります。

 

老廃物を排出したり、体の中にある水分をため込もうとする働きが強まり、生理前のむくみをおこすのですが、この体全体のむくみが原因でかおのむくみを助長、その結果としてほうれい線が目立つようにもなります。

生理前のほうれい線の目立ちを改善する方法

生理前になると、このようにして顔全体の印象を老けて見せてしまうほうれい線が目立つようになります。

 

では、この生理前のほうれい線を解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。

適度な運動を取り入れる

体全体の代謝が落ちる生理前、ちょっとした運動を取り入れることで、体の中に溜まりがちな老廃物を排出したり、代謝をアップさせることができます。

 

この際、息が上がるような運動をする必要はありません。息が上がるほどの運動は、体内の活性酸素を産みだすこととなり、体の錆びを助長してしまいます。

 

取り入れたい運動としては、階段を使ったり、一駅分歩く、簡単なエクササイズをするなどが良いでしょう。

女性ホルモンを助けるような食べ物やサプリ、スキンケア商品を使う

生理前には女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少してくるので、そのエストロゲンの働きに似た成分を含む、大豆などの食品を取り入れたり、サプリ、それから女性ホルモンの働きに注目したスキンケア商品も効果的です。

 

不足しがちなエストロゲンの働きを、積極的に補うことで、顔にあらわれるほうれい線などの予防にもつながります。

リフトアップやアンチエイジングの化粧品の活用

最も有効な手段としては、スキンケアだといえるでしょう。

 

生理前になるとほうれい線などが出やすいという事を考え、普段からリフトアップやアンチエイジング、肌のハリなどをケアできるスキンケア商品を使っていることで、生理前に目立ちがちになるほうれい線などに負けない肌を作っておくことができます。

 

こういったスキンケア商品の活用は、美容成分や有効成分も高濃度で配合されているうえ、さまざまな成分が同時配合してありますから、生理前のほうれい線だけでなく、年齢からくるほうれい線やしわなどにも対応することができます。

 

こうしたスキンケアを普段から実行することが、生理前のほうれい線に悩まないための、一番の得策だといえるでしょう。

 

生理前にほうれい線が目立つようになるわけ、その原因と対策をご紹介