紫外線の影響でシワたるみが目立つ肌に。しっかりケアして美肌を守る!

太陽からサンサンと降り注ぐ、紫外線

 

そんな紫外線は、肌の天敵であることはみなさんご存知ですよね。

 

では、具体的には、どのような危険があるのでしょうか?

 

ここでは、紫外線によってもたらされる、肌トラブルに関して解説していきますね。

 

シミそばかすや、くすみだけではない事を理解して、しっかりと対策していきましょう

 

紫外線による影響はこんなにもある!?

 

紫外線によるダメージは、思っているよりも多く肌に影響を与えています。

 

どのようなことが紫外線によって引き起こされているのか、詳しく見ていきましょう。

日焼け、肌のくすみ

紫外線を大量に浴びてしまうと、メラノサイトが活発になり、メラニンが増加する恐れがあります。

 

その積み重ねがメラニンの沈着となり、肌のくすみを引き起こすことも。

 

特に、アウトドアを頻繁にする人や、ドライブをする事が多い人もくすみという形で現れるでしょう。

 

体質によっては日焼けがなかなか取れず、ケアを行わないと、そのまま色素沈着してしまうという方もいるので注意が必要です。

シミそばかす

紫外線を浴びることで、シミなどの原因に繋がるメラニンが体内に蓄積し、メラニンが定着してしまった結果、根深いシミそばかすに繋がる恐れがあります

 

また、遺伝性とよばれるような雀卵斑(そばかす)も、紫外線があたる事によって濃くなる可能性も。

 

特に、年齢と共にこうしたシミそばかすが増えやすく、定着してしまいやすいので、できるだけ早くケアをすることが大切です。

シワやたるみの進行

紫外線を浴びて肌にダメージが蓄積することで、肌が負担に耐えられず、シワたるみが発生してしまう可能性があります。

 

紫外線=シワやたるみ」という認識よりも、「紫外線=シミ」というイメージの人が多いですよね。

 

しかし、「紫外線を浴びたらシワやたるみにも繋がるかもしれない…」という事をしっかり認識する必要があるでしょう。

 

シワたるみが既にあるという場合、より症状が深刻化してしまう可能性がありますので、早めにケアして対策することが重要ですよ。

皮膚ガンの原因にも

紫外線は、メラノーマとよばれるような皮膚ガンの原因にもなるでしょう。

 

紫外線の力は、それだけ皮膚細胞に大きなダメージを与え、細胞を変形させてしまう事があるため、気をつけなければならないのです。

 

紫外線は美容に与える影響も大きいですが、一方でこうした命にかかわるような健康上のリスクもあるという事を認識しましょう

紫外線アレルギーのリスク

最近は、紫外線を浴びると皮膚が炎症を起こしたり、痒みを引き起こしたりするケースもあります。

 

重症だと、日常の生活紫外線によっても紫外線アレルギーを引き起こしてしまうでしょう。

 

そうなると、外出時の時間も限られてきたり、暑い夏でも完全防備しなければならなかったりと様々な日光対策が必要に。

 

こうしたアレルギーは、皮膚科医との連携も必要になるため、自分だけの判断で、スキンケアを選ぶ事は限られます。

 

紫外線の種類とその影響

 

紫外線といっても、波長の長さによって、私達の皮膚に到達する部位が違ってくるでしょう。

 

波長で大きく分けると紫外線A派紫外線B派紫外線C派の3つに分かれています。

 

以下に説明するように、到達部位や影響に違いがあるので、しっかり認識しておきましょう。

紫外線A波

紫外線A波は、すぐに肌を黒くしたり、炎症を起こしたりはしません。

 

しかし、波長が長いため、コラーゲンエラスチンなどがある真皮組織まで到達して、肌の弾力を低下させます。

 

ゆっくりと時間をかけて、肌老化を生じさせるでしょう。

紫外線B波

波長が短い紫外線B波は、紫外線A波と比較すると地上に到達する率は低いです。

 

ですが、エネルギーが強いため、肌にシミを作ったり、炎症を起こしたりと、目に見える肌への刺激を生じさせてしまう事になるでしょう。

紫外線C波

紫外線C波は地上に到達するまでに、オゾン層に吸収され阻害されるため、私達の肌に悪影響を及ぼす心配はないでしょう。

 

1年中の紫外線対策が美肌を作る!

「紫外線対策は夏だけしかしていない」
「秋冬場の紫外線対策はしていない」

 

という人は、こうした紫外線対策をしていない時期に、少しずつ紫外線の影響を受けているでしょう。

 

勘違いしてしまいがちなのは、暑さを感じるのは紫外線ではなく、赤外線というもの。

 

ですから、暑い日も寒い日も、紫外線は容赦なく私達の肌へ侵入してきています

 

1年中、紫外線対策を怠らない事が、シミやシワのない理想の肌に近づける近道なのですよ。

 

紫外線はコラーゲンやエラスチンの破壊をもしてしまう!

 

紫外線と言えば、シミを作ってしまったり、肌を黒くしてしまったりするイメージが強いですよね。

 

ですが、紫外線は私達の肌弾力を保つコラーゲンやエラスチンのある真皮層という深い部位にまで到達。

 

ハリを低下させたり、ほうれい線ちりめんじわなどの老化を象徴するようなシワまで作り上げてしまったりするのです。

 

前はなかったのに、、、気になるちりめんじわ消せる方法はあるの?対処方法のまとめ

 

年中、紫外線量の高い海や山に出ている人は、通常の生活を送っている人と比較すると、シワができやすく深い事が多いのです。

 

特に、若い頃は無防備に日焼けをしていた、親ができやすい肌質であれば、自分も歳を重ねてきた頃に、若い頃にあびた紫外線の影響や遺伝性の影響などでシワが現れやすくなるでしょう。

 

紫外線は老化を引き起こす悪要因!

目に見えない紫外線ですから、対策も怠り気味になりますよね。

 

最近は、アンチエイジングなどの若返りを目指す化粧品や、サプリメントかどがたくさん販売されています。

 

自分の老化を意識し始めるきっかけは、「何気に鏡に写る自分を見てシワやたるみが気になり始めたから」という方も少なくありません。。

 

そして、アンチエイジング商品を使い出だすパターンが多くなるでしょう。

 

実は、目立ち始めた頃にはシワやたるみは深くなっていて、改善するまではケアに時間がかかったり、お金を要したりする事があります

 

中にはプチ整形なるもので、シワ取りをする女性も出てくるでしょう。

 

このように慌ててシワ対策をするよりは、若い頃から、リフトアップ化粧品と紫外線対策を心がける事が大切です。

 

「若いからシワやたるみケアなど必要ない!」と思う方も少なくありませんが、紫外線を受けやすい方こそ、若くとも簡単にシワやたるみを作り上げてしまいますよ。

 

まさにリフトアップ化粧品は、中年世代の商品ではなく、全世代対象なのです

 

早いうちから、リフトアップ化粧品と紫外線対策を始めた人が、自慢の美肌を保ち続けることができるでしょう。

 

紫外線ダメージをケアする方法は?

紫外線ダメージをケアする方法は、主にこれらが挙げられます。

 

まずは、自分ができる事から負担なくスタートしましょう。

必ず日焼け止めや日傘等のアイテムを利用する

日焼け止めや日傘など、紫外線を少しでもシャットアウトすることができるアイテムを利用することが大切です。

 

特に日焼け止めは、こまめに塗りなおさないと、1日は効果が持ちませんので、必ず定期的に塗るように心がけましょう。

 

ですが、日常の紫外線対策に強めの日焼け止めを使ってしまうと、肌にダメージを与えやすいため、日常の紫外線カットは、SPF30程度で充分です。

 

日常の生活紫外線程度なのか、それともレジャーなどでの強い紫外線が対象なのかによっても、選ぶ数値を使いわけることが必要でしょう。

ビタミンを積極的に補給

食物やサプリメントで、ビタミンを積極的に補給し、肌を修復するように心がけましょう。

 

ビタミンは日々非常に失われやすいので、意識して摂取することが大切です。

 

特にビタミンCは、肌を明るくする美白効果が期待できるでしょう。

 

ビタミンC誘導体ってどんな成分?美肌に効果があるって本当?

 

さらに、コラーゲンエラスチンの再生時にも効果を存分に発揮してくれます。

 

パックによるスキンケア

日頃のスキンケアに加え、紫外線を大量に浴びたという日は特に、パックなどで集中ケアをすることが大切です。

 

過酷な状況に置いていた肌を、甘やかす時間を作ってあげましょう。

 

美白化粧品の使用

紫外線が当たる事によって生成されてしまったメラニンは、美白によって元の肌を取り戻すお手入れをしてあげましょう

 

アルブチンコウジ酸ビタミンC誘導体などが美白成分として効果的です。

 

新陳代謝をアップさせる生活習慣を身に着ける

新陳代謝をアップさせることで、ターンオーバーが促進され、日焼けやシミそばかすなどが改善しやすくなります

 

血流を良くするようなストレッチマッサージを行うなどして、新陳代謝をアップさせるように努めてみてください。

 

ターンオーバーの乱れを放置すると危険?

 

まとめ

紫外線によってダメージを受けた際には、気になる部分を集中的にケアすることも大切

 

特に、シワたるみなどは、放置するとどんどんと悪化する可能性が高くなります。

 

リフトアップ化粧品などを利用して、ピンポイントケアを行いましょう。

 

どんなリフトアップ化粧品を使えば良いのかわからないという方は、リフトアップ化粧品ランキングを参考にして下さいね。

 

紫外線の影響でシワたるみが目立つ肌に。しっかりケアして美肌を守る!


関連ページ

生理前後には顔がたるみやすい?生理に伴う顔のたるみの原因と解消方法
炭酸の力で肌が活性化&再生力UP!効果抜群の炭酸美容液を徹底解説
ふと鏡を見るとシワが、縦ジワ横ジワ、シワによって性格が分かるの?また解消法のまとめ
顔の老化を防止する方法とは?顔の老化が気になりだしたら防止策を試しましょう
乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ
産後は顔がたるみやすい!産後の徹底ケアで顔のたるみを防ぎましょう!
生理前にほうれい線が目立つようになるわけ、その原因と対策をご紹介
ダイエットでできるしわ、何とかしたいならぜひ試してほしい方法
水泳で顔たるみを取る!
ほうれい線を隠すにはメイクとリフトアップ化粧品での対策が1番!
ターンオーバーの乱れを放置すると危険?!早めのケアで老化を防止!
抗酸化作用で肌の老化をストップ!リフトアップ化粧品で徹底ケアを!
敏感肌でシワたるみが悪化したら化粧品でケア
生活習慣の見直しでシワたるみを無くすには?
シワたるみ改善!表情筋を鍛える方法は?
ストレスが肌荒れの原因になる?!早めの対処方法でキレイな肌へ
顔のシワたるみの原因は何?解消するための対策方法を教えます!