前はなかったのに、、、気になるちりめんじわ消せる方法はあるの?対処方法のまとめ

前はなかったのに、、、気になるちりめんじわ消せる方法はあるの?対処方法のまとめ

 

化粧ノリがよくないなと思ったらちりめんじわが!!

 

夕方ふと鏡を見ると目元のメイク崩れとしょぼしょぼしてる、これってちりめんじわ?!と今までなかったのにシワを発見すると気持ちも下がります。

 

こちらではちりめんじわの原因と、またその対処方法として、自宅でできる簡単ケアをご紹介します。

ちりめんじわの原因とは?

ちりめんじわの原因は肌が乾燥状態によるものです。

 

目元や目尻にちりめんじわは多く見られます。浅く細かいちりめんのようなので、ちりめんじわと呼ばれてます。

 

肌表面の角層にあらわれるもので、乾燥が原因となりますので、子供であっても肌が乾燥しているとちりめんじわにはなります。

 

乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ

 

またちりめんじわは乾燥によるものですが、肌奥の真皮がダメージを受けることによりあらわれる本シワとでは対処方法がまた違います。

 

細かく浅いのがちりめんじわで、本シワは深くくっきり目で見えるシワのことをいいます。

 

肌は20過ぎた頃から代謝も落ちてきますので徐々に加齢に伴う乾燥し、肌の保湿力は低下します。

 

また、間違ったケアやライフスタイルなどの原因もあり、肌表面の角質間細胞をつなぐ細胞間脂質が減少し、本来の肌の水分保持力が低下します。

 

これにより、保湿力の低下にもつながってしまいます。

 

紫外線によるダメージも原因ともなります。肌へのダメージがもっとも大きいものといえます。

 

シワの対処に必要なのはまずスピードです。のんびりではなく、1日でも早く対処することが大切です。

 

また1日2日での対処は難しいので、継続力も必要といえます。

 

放置してしまうと本シワになりますので、注意が必要といえます。

ちりめんじわの対処方法

代謝を上げる

血行促進するためにも入浴はシャワーではなくできるだけ湯船ではいるのがオススメです。

 

また、睡眠も代謝との関係性があります。

 

睡眠不足になると、ホルモンのバランスが崩れ、ターンオーバーの乱れに繋がります。

 

しっかりと睡眠をとっていると、脳から代謝ホルモンが分泌されます。

汚れを落とす!

そしてまずは汚れをしっかり落とすことも大切です。

 

保湿を高めなければとお考えの方は多いですが、焦らず慌てずです。

 

汚れがしっかり落ちていないことこそ、せっかくの保湿成分が浸透しません。

 

ですが、汚れを落とすとはいっても摩擦は肌へのダメージになりますので、クレンジングですと多めに使用し、優しく汚れを落とすことと、洗顔も同様にしっかり多めの泡を顔の上へ転がすように洗い流すことが大切です。

しっかり潤す!

乾燥が原因とされるちりめんじわなので、潤すのは大切です。

 

化粧水は通常コットン500円玉程度ですが、倍量使用されてもいいくらい多めに使うことがオススメです。

 

ご自身にあったエイジングケアで徹底保湿

保湿成分が贅沢に配合されている化粧品の使用でちりめんじわの解消にも繋がります。

 

しっかり潤すことで肌本来の水分保持力を高め、乾燥状態から悩み不要肌へ導くエイジングケア化粧品をオススメします。

日常生活の中での乾燥対策!

ちりめんじわ対策には、とにかく保湿が必須と理解できたところで、スキンケアばかりに気持ちが傾いてしまいますが、忘れてはならないのが、普段の生活においても、最低限の乾燥対策はできてしまいます。

 

以下にあげるような対策を意識してみましょう。

加湿器などを有効利用

インフルエンザなどの疾患が流行り出す季節に大活躍してくれる加湿器ですが、肌の乾燥もしっかり予防して、肌が乾いたり、ツッパッたりというちりめんじわの原因対策となるでしょう。

 

また、オフィスの空調は、通年、肌を乾燥という悪条件にさらすため、デスク用の加湿器で日々潤いを維持させる事が大切です。

保湿ミストなどを常備

普段からマメな保湿ケアを心がけたいものですが、化粧水や乳液を持ち歩いてスキンケアを何度もするなんて、不可能に近い事です。ましてや、仕事をしている人は難しいと言えるでしょう。

 

そんな時は、普段使用している化粧水を100円程度で購入できるコンパクトなミストボトルなどに詰め替え、外出先で、こまめに保湿スプレーしましょう。

紫外線対策を徹底的に!

乾燥は暖房のきいた冬だけの話ではありません。紫外線が肌の乾燥を招きます。

 

紫外線は夏だけでなく、通年降り注いでいるため、一年中気を抜かない紫外線対策が必要です。

 

アウトドア以外ならば、SPF15?20程度のものを塗り直したり、帽子などで紫外線対策をしてあげましょう。

間違ったスキンケアがちりめんじわをひどくさせる!

ちりめんじわ対策として、しっかり厳守したいのが、日頃のスキンケアの見直しです。

 

自分の肌状態を把握していないと、自分の肌に適していないタイプのスキンケアを使用してしまうことになり、いつまでたってもスキンケアの効果が得られないという残念な結果が生じます。

 

一番間違えやすいのが大人ニキビのできる30代〜は、若い時にできたニキビとは性質が違い、同時に乾燥も生じているというアンバランスな状況です。

 

若年性のニキビと同じだと思いこみ、保湿ケアよりも皮脂を抑える事重視のケアを使い続けてはいないでしょうか。

 

そういう人は、今からでもスキンケアを保湿重視のものに変えてあげるべきですね。

スキンケアの仕方を再確認

保湿重視のスキンケア選びまでいったら、次は、スキンケアのやり方の再確認です。

 

ケアの選び方までは順調でも、つけ方が違っていれば、効果が半減してしまう事も有るでしょう。

 

以下の点に注意し、ちりめんじわにふさわしい、保湿重視のスキンケアになっているかを確認しましょう。

洗顔すすぎは、人肌くらいのぬるま湯を

洗顔する時、すすぎは人肌くらいのぬるま湯が理想的です。

 

熱いお湯は潤いを奪ってしまうため、避けましょう。

 

また、洗顔後にはなるべく素早く化粧水や乳液をつけるようにしたいものです。

乾燥している部位には重ねづけが基本

ちりめんじわ部位や、気になる乾燥悩みには、スキンケアの重ねづけをしましょう。

 

トラブル部位に集中的に効果をあげてくれます。

総合的に表情筋を動かす努力を!

目尻などに生じるちりめんじわは、ニコニコと、良く笑う人などに多いため、悪い印象はあまり受ける事は少ないのですが、そのままにしておけば、深い老化シワになる事も‥

 

気になる目尻のシワが!ファンデーションが溜まってる時も!どうしたらいいの?!

 

ちりめんじわの段階で、スキンケアを徹底させれば、肌の老化を食い止める事ができるでしょう。

 

また、自分で笑顔を絶やさないように心がけている人は、ちりめんじわのリスクも考えながら、他の表情筋を動かすトレーニングをしてあげると良いでしょう。

 

テレビを見ながら、料理をしながら、何かをしながらで構わないので、怒った表情、困った表情など、様々な表情を鏡に向かってやってみると良いですね。

ちりめんじわの医療治療とは?

ちりめんじわの場合、美容整形外科などでボトックス注射を施して、緩和しているという人も少なくありません。

 

ボトックスとは、薬剤により筋肉の動きを抑えてシワのできにくい状態にしてくれるという即効性も期待できるものです。

 

ですが、定期的な摂取をしないと薬剤の効果が持続しなかったり、皮膚トラブルなどが出やすくなったりと、デメリットも考慮しながら継続する必要があるでしょう。

 

根本的なちりめんじわの改善は、なるべくならば、副反応のリスクを考えなくても良い、自分にあった保湿ケアやしわたるみ改善美容液を使う事が理想と言えるでしょう。

まとめ

意外に目につく部位にできてしまうちりめんじわは、よく笑う人や、乾燥気味の人にできやすいシワですね。

 

ふと鏡を見るとシワが、縦ジワ横ジワ、シワによって性格が分かるの?また解消法のまとめ

 

乾燥対策さえすれば、容易に改善されるシワでもあるのです。

 

ですが、そのケアをほうっておく事で、改善が困難な真皮シワなどに発展してしまうでしょう。

 

スキンケアはもちろん、生活の中でも改善すべく点を考え、改めながら、ちりめんじわを緩和していきましょう。

 

また、万が一、ちりめんじわが深い老化じわに進行してしまったとしても、しわ、たるみ専用化粧品を使う事で緩和しやすくなるのです。

 

ちりめんじわが真皮層にまで影響を及ぼさないように、毎日の保湿ケアと並行してしわたるみ改善を心がけたいものです。

 

前はなかったのに、、、気になるちりめんじわ消せる方法はあるの?対処方法のまとめ