ビタミンC誘導体ってどんな成分?美肌に効果があるって本当?

化粧水や美容液などに利用されることが多い成分である「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」。

 

その名称は、ほとんどののスキンケアに明記されているほど、認知度の高いものになりました。

 

美肌にとって有効とされる、ビタミンCとビタミンC誘導体は具体的にどのような部分が違うのか?

 

ここでは、その効果について詳しく解説していきましょう。

 

また、ビタミンC誘導体と一緒に摂取する事で、さらなるアンチエイジングに導くその他の成分も紹介していきますね。

 

ビタミンC誘導体って何?

ビタミンC誘導体とは、ただのビタミンCではなく、ビタミンCをより肌に浸透させやすくした成分のことを指します。

 

ビタミンCはもともと、熱などの衝撃に非常に弱い成分として知られていますよね。

 

そのまま化粧水などに入れても効果が実感しずらく、ビタミンCのほとんどの成分が、肌の奥まで浸透できずに失われてしまうでしょう。

 

そんなデリケートなビタミンCが壊れないように加工を行い、肌に浸透しやすく、化粧水などの加工をしやすくしています

 

水溶性と油溶性に分かれるビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は、化粧水、乳液、美容液などに効率よく配合

 

それぞれが浸透をスムーズにさせるために、水溶性にしたり油溶性にしたりと、質を変えながら配合されているのです。

化粧水には水溶性

化粧水や美容液には、角質層に水分を馴染ませるように、水溶性のビタミンC誘導体が配合されています。

クリームやジェル系には油溶性

油成分の配合率の高いクリームやジェル系の化粧品は、油溶性のビタミンC誘導体が配合されています。

肌の隅々まで浸透APPS

ビタミンC誘導体を選ぶ時は、親水性、油溶性どちらの性質も取り入れた「ビタミンC誘導体APPS」などが配合されていると良いでしょう。

 

どちらの機能も兼ねている事で、肌の隅々にまでビタミンCの効果を行き渡らせる事ができるのです。

 

ビタミンC誘導体の効果は?

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを摂取することで得ることができる効果をそのままゲットすることが可能

 

ビタミンCが美肌を作り上げる効果は軽視できず、ビタミンC誘導体にする事でより効果を向上させる事ができるでしょう。

 

具体的には、次のような効果を得ることができます。

肌の酸化を抑制する

人間の体は、生きているだけで酸化するようにできています。

 

酸化は体内の臓器の働きを鈍くし、肌においてはくすみシワたるみを引き起こしてしまうでしょう。

 

特に、自力で酸化を抑える事が困難になる30代以降からは、抗酸化作用の高いビタミンC誘導体配合のスキンケアを積極的に使用する事がオススメです。

 

紫外線やストレス、油っぽい食事などにより、肌の酸化は急速に進行してしまうため、紫外線対策食事の見直しも並行させましょう。

 

ストレスで肌荒れが起きた時の対処方法

肌にハリツヤを与える

シワやたるみなどを改善していき、若々しいハリツヤのある素肌を手に入れることができるでしょう。

 

加齢とともにたるんでしまった顔のお肉や目尻のシワなどにも、高い効果を表します。

 

その理由としては、肌の弾力を保つタンパク質繊維コラーゲンエラスチンの生成をスムーズに補助してくれる効果が高いからでしょう。

ターンオーバーの促進、メラニン沈着の予防

新陳代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを促進し、シミやそばかす、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを改善していきます

 

ターンオーバーの乱れを放置すると危険?

 

吹き出物なども、ターンオーバーが促進されることで、徐々に症状が改善しやすくなるため、ツルツルのゆで卵のような素肌になることも夢ではありませんよ。

紫外線対策、ダメージ修復機能

強烈な紫外線などによって受けてしまったダメージを改善し、肌を修復していく働きが期待できます

 

夏場などは特にこうしたスキンケア商品を利用することで、日焼けなどで肌がきついダメージを蓄積させてしまう前に、ケアを行うことができると言えるでしょう。

 

紫外線と肌の関係性については、「紫外線ケアで美肌を守る!」で詳しく解説していますよ。

 

ビタミンC誘導体の副作用や注意点

 

ビタミンC誘導体の重篤な副作用の報告などはありませんが、以下のような注意点があげられます。

ピリピリする

乾燥気味の人や肌が敏感な人は、肌のバリア機能が乱れた状態にあります。

 

敏感肌でシワたるみが悪化したら化粧品でケア

 

そこに、ビタミンC誘導体を浸透させると肌がピリピリしたりするため、肌が敏感になっている人は注意が必要です。

 

それでもビタミンC誘導体でのケアを取り入れたい人は、ビタミンC濃度の低いスキンケアを取り入れてみましょう。

 

その後、肌のバリア機能が向上したタイミングで、濃度をあげるなどしましょう。

乾燥肌には注意が必要

ビタミンC誘導体自体には保水効果はありません

 

ですから、「極度の乾燥肌だけれども、ビタミンC誘導体を含むスキンケアを使いたい!」と思ったら、保湿効果が高い他の成分もしっかり配合されているスキンケアを選びましょう。

 

乾燥肌はしわになりやすい!乾燥肌が原因でできてしまうしわの原因と対策いろいろ

 

ヒアルロン酸セラミドなどの潤い成分が一緒に配合されていれば良いですね。

保存法

ビタミンC誘導体になる事で、安定したビタミンCになる事は確かです。

 

ですが、ビタミンC自体がもともと熱に弱いため、炎天下の場所や、紫外線が直にあたる場所などでの保存は控えましょう

 

日陰などの涼しい場所での保管が理想的です。

 

ビタミン誘導体入りのスキンケア商品で、美肌効果アップ!

このようにビタミンC誘導体は、肌に対して様々な美容効果を発揮します。

 

肌トラブルのほとんどを、こちらの成分で網羅することができると言っても過言ではないほど、美容に関して非常に万能な成分であると言えるでしょう。

 

積極的にサプリメントなどを摂取することも大切ですが、こうした効率よくビタミンを取れる成分が配合されているアイテムを利用することも、スキンケアにおいては非常に大切です。

 

特に、加齢によって発生してしまった顔のたるみなどは、ピンポイントで重点的にケアを行わないと状態が悪化してしまう可能性も

 

早くケアを行うことができるよう、スキンケア商品を見直してみることをオススメします。

 

ビタミンC誘導体化粧品の効果をアップさせる成分

 

リフトアップを目的としたビタミンC誘導体化粧品をセレクトする時は、ビタミンC以外にも一緒に取り入れる事で、さらなる肌悩みの改善が見られる成分がいくつかあります。

 

これらの成分が配合された商品を使えば、相乗効果でアンチエイジングケアがさらに期待できるでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは、血流を良くする効果が期待できます。

 

線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンエラスチンの生成を助けるでしょう。

 

ビタミンCと同じように不安定な成分ですから、ビタミンE誘導体という型で配合されているケースもあります。

 

ビタミンCと一緒に配合されていれば、その相乗効果は高いです。

プラセンタ

ビタミンC同様、美白効果が期待できる胎盤エキスプラセンタ

 

ビタミンC誘導体だけでは、乾燥対策に不安がある」という人にはオススメの成分です。

 

潤いやハリを与える効果も期待できるため、アンチエイジングの代表的な成分としても注目でしょう。

ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン

ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンなど、真皮層を満たす保湿成分は、ビタミンC誘導体により生成をスムーズにしてくれます。

 

これらの保湿成分を取り入れる事で、肌は潤いで満たされ、はりや弾力のある美しい肌に生まれ変わる事ができるでしょう。

 

まとめ

あらゆる化粧品に配合されるビタミンC誘導体

 

さらに細やかに成分を行き渡らせるために、水溶性、油溶性などに加工され、より良い効果が期待されるようになりました。

 

ビタミンC誘導体の効果は、シミやニキビ跡などのくすみだけではなく、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンやエラスチンの生成までをスムーズにしてくれるでしょう。

 

こうした理由から、リフトアップ化粧品のほとんどには、ビタミンC誘導体が配合されています。

 

自分の肌に刺激の強くない濃度のものを選ぶなどして、アンチエイジングに活かしましょう。